おすすめ先物取引会社3選

日産証券

法人やプロ向けの先物取引会社なら

フジトミ

初心者向け、無料サポート充実の会社ではじめるなら

豊商事

顔を合わせた対面営業で相談しながらはじめるなら

先物取引が日本一よくわかるサイト

先物取引が日本一よくわかるサイト

仙人

分かりづらい?難しい?
そんな先物取引のイメージがくつがえる!

先物取引のおすすめ取引会社3選

日産証券

日産証券のサイト画像

引用元:日産証券公式HP
(https://www.nissan-sec.co.jp/)

日産証券について
詳しく見てみる

法人・プロ向け

フジトミ

フジトミのサイト画像

引用元:フジトミ公式HP
(https://www.fits.cx/)

フジトミについて
詳しく見てみる

初心者向け

豊商事

豊商事のサイト画像

引用元:豊商事公式HP
(http://www.yutaka-shoji.co.jp/)

豊商事について
詳しく見てみる

口頭相談者 向け

フジトミ

初心者向け

先物取引に触れ始めた初心者にお勧めの会社です。初心者向けの無料セミナーは週3回行われており、その他のサポートも充実しています。

商品先物取引・日経225両方に対応する数少ない会社でもあり、両方で運用することでリスクを軽減することも可能です。都市銀行・地方銀行・ネット銀行といった種類にかかわらず、370もの金融機関と連携していて取引もスムーズに行えます。

マーケット情報も充実しており、初心者には心強い会社です。

日産証券

法人・プロ向け

「通常コース」「ロスカットありコース」「アクティブコース」という3種類のコースを準備しており、希望に沿ったサービスが受けられます。

「ロスカットありコース」は、事前に設けた基準よりも取引の状態が悪化した場合に自動的に決済することで危険を回避するコースで、「アクティブコース」は資産効率重視のコースで取引期間を設けて証拠金50%で取引することが可能です。

50年以上の歴史のある会社で対面による取引に力を入れていますがオンラインの取引も対応しています。

豊商事

口頭相談者向け

対面取引にこだわっている会社で、一人一人の顧客に丁寧に対応してくれます。損失限定取引という制度も取り入れており、取引で大きな損失を出してしまう前に自動で取引を終了する注文を出してくれます。

豊商事は社員教育に力を入れている企業でもあり、社員一人一人が投資や取引・金融に関することはもちろんですが、経済全般の専門知識を持っています。

平日・土日祝日関係なく、問い合わせやサポートに対応してくれるので、そういう面でも安心できます。

仙人直伝!初心者がまず覚えたい先物取引のアレコレ

仙人先物取引とは、現在の価格で将来に商品を売買するという取引のことじゃ。あらかじめ売買の価格を設定できるから、価格変動する商品の「価格変動リスク」を回避できるという利点があるゾヨ。

商品価格の全額を取引の時点で支払う現物取引に対して、先物取引は将来の売買を担保する証拠金が必要とされる。

 …とまぁ、こんな風に説明しても分かりにくいのは分かっておるわ。ふぉっふぉっふぉ…!安心せい。このサイトでは、先物取引界の仙人と呼ばれるこのワシが、初心者にも分かりやすく、手厚~く教えるからのぉ。

このサイトを一通り読み終わるころには「新しい投資先のひとつを開拓しちゃったぜ」と、自慢できるようになるゾヨ!

絶対わかる商品先物取引&日経225ガイド

先物取引は、株やFXなどと比べて「難しい」「分かりづらい」「リスクが高い」というイメージが先行して避けられがちでじゃが、最近は証券会社、商品取引業社のサポートもかなり充実しておるから、小額でリスクを抑えながら取引していくことも可能なのじゃ。

ある程度投資の経験があれば、初心者でも参入しやすい環境が整っていると言えるじゃろう。このサイトは、ワシが株やFXを経て先物取引のメリットに気づき、そして投資を続けてきた経験をもとに書いたものじゃ。先物取引がはじめてという悩める羊たちのために、仕組みや基礎知識などをわかりやすくまとめておる。

今日はワシの弟子になった気分で先物取引を一緒に学んでくれたまえ!!

商品先物取引と金融先物取引の違い

と、解説に入る前に1つ。先物取引には、商品先物取引と金融先物取引の二種類があるぞよ。一般的に「先物取引」というときは、前者の商品先物取引のことを指すことがほとんどじゃ。ただ、先物取引には二種類あるということだけ覚えておいておくれ。

この二種類の違いは、取引の対象の違いだけと言えば多少の語弊はあるが、ほぼそう考えてもらってもよいじゃろう。さきほど、先物取引の定義を「現在の価格で将来に商品を取引する約束」と言ったじゃろ?この「商品」と言う部分が、金や原油など、実体をともなうものを指すならば「商品先物取引」と言って、金利や指数など、実体をともなわないものを指すならば「金融先物取引」と言うのじゃ。

商品先物取引のメリットデメリット

商品先物取引のメリットは、「買い」「売り」どちらからでも始められること。値幅の差額を利益として得ることから、売値の上下を予想して注文すれば大きな利益を得られるのじゃ。また、元手となる証拠金が少なくても取引ができ、わずかな値動きでも大きな損益になるぞよ。また、商品先物取引の場合は証拠金の金利負担がないのも特徴じゃ。加えて、短期間でも利益を出せるチャンスが豊富。銘柄によっては変動値が大きく、一攫千金も夢ではないじゃろう。

だがデメリットとして、元本が保証されていないことが挙げられる。株も同様じゃが、株が企業の倒産が無ければ価値がなくならないのに対し、商品先物取引は予想と反対の動きをした場合に投資資金がゼロになることもある。最悪の場合、マイナス分の自己資金を証拠金として負担しなくてはならんのがネックといえるな。

日経225先物と日経225miniの違い

日経225先物では、日経平均株価の1000倍の価格の取引ができ、日経225miniは100倍の価格の取引が行える。日経225先物はレバレッジが大きい分、利益も大きくなるぞよ。とはいえ、受入証拠金が維持証拠金を下回ると、追証が発生するリスクがあると覚えておくべきじゃ。そのため、リスクが低い日経miniから始めるという手もありじゃな。

日経225先物取引損益を出す方法について

日経225で先物取引を行う場合、各社が提示している手数料やJPXが出している限月取引早見表を参照して損益を計算する必要がある。

例えば1枚あたり片道手数料が270円、large1枚での取引で考えてほしい。買い建てで先物価格1万円の場合、転売時の先物価格が1万4500円に上がっていると、359万9136円もの利益になるじゃろう。もちろん、逆の値動きもある。たとえば買い建てで先物価格が1万5000円で、転売時の先物価格が1万2000円に下がっているとすると、300万1080円の赤字となるのじゃ。取引の際は注意が必要じゃな。

【初心者限定】はじめての先物取引講座

このカテゴリは、先物取引の初心者に向けてワシが解説しておる。

先物取引に興味はあるけれどもまだやったことのないそんな人、先物取引は怖いイメージがあるものの詳しくは知らない人、みんなまとめて分かるように解説しおる。

ここで解説する基本知識は、先物取引をする上ではぜったいに理解しておかなければならないことばかりじゃから、きっちりマスターするのじゃ。

先物取引は、こうした基本を理解しないままに暴走してしまうと、リスクの高い取引になってしまうn。のじゃ。一方で、基本を理解しておけば、実は、さほどリスクの高い取引ではないのじゃがな!

まずは先物取引の基本をおさえておくぞよ。

先物取引の仕組み 今現在の価格から、将来値上がりするか値下がりするかを予想して行う取引を先物取引と言います。
これだけ聞けば、普通の株の取引と同じように感じますね。
でも、株の場合は、将来値上がりすると予想した場合、「今」買います。 先物の場合は、今買わずに「将来」買います。具体的には、将来買うことを「今」約束する取引を、先物取引と言います。 この不可解な先物取引で、どのようにして利益を出すのでしょうか。具体例を交えながら詳細に解説しています。
商品先物取引とは 先物取引には、商品先物取引と金融先物取引の二種類があることは、すでに説明しました。商品先物取引とは、金やガソリンなど、実体のあるモノを対象に、将来の価格を予想して行う取引。
ところでこの商品先物取引には、現物の株取引にはない、不思議な仕組みがあります。それは、将来、値上がりしても、値下がりしても、どちらでも利益を出すチャンスがある、ということです。
少々ややこしいシステムなので、ここで詳しく勉強しておきましょう。
商品先物取引で取引できる
銘柄一覧
商品先物取引で取引ができる対象は限られています。
対象はやみくもに決められているわけではありません。「適正な市場価格が形成されなければ、国民生活に影響を与えてしまうもの」を基準に決められています。簡単に言えば、需要の高いモノが商品先物取引の対象とされています。
東京商品取引所で取引されている対象を見てみましょう。
株価で取引をする日経225とは 日経平均株価、という言葉を聞いたことがあるでしょう。日経新聞社が独自に選んだ、日本を代表する225社の株価の平均値です。225社と決まっていますので、日経平均株価は、別名、日経225などとも呼ばれます。
この日経225も先物取引の対象となります。現在、「金融先物取引」という枠組みの中で、先物取引の一種として扱われています。
理屈は商品先物取引と大差ありませんので、商品先物を知っていれば理解は難しくありません。
FX・株式取引との違い 資金の主要な投資対象として、先物取引のほかに、FXと株式取引があります。
FXとは、外国為替の変動を利用して利益を狙う投資法です。株式取引とは、上場企業の株価の変動を利用して利益を狙う投資法です。
商品先物取引とは投資対象がまったく異なりますが、利益を確定させるまでの理論はほぼ同じです。
ただし、FXと商品先物は、価格が下がっても利益を狙えるチャンスがある点で共通しています。株式取引の場合は、「信用取引」という特殊な方法を除いて、価格が下がれば損をしてしまう投資法です。
金融先物取引とは 金融先物取引とは、商品先物取引と取引対象を変えただけのもの、と考えれば分かりやすいでしょう。
少なくとも理論上は、値動きのあるものならば、どんなものでも先物取引の対象になりえます。とはいえ、なんでもかんでも取引対象にしてしまっても意味がないので、「市場の適正価格」が必要な対象に絞って先物取引を設定しています。
金融先物取引とは、適正価格が必要な金融指数を対象に取引します。具体的には、日経225先物取引や、金利先物取引といったものを指します。
先物取引の注文方法 先物取引の注文方法の基本は、株式投資などと同じで、自分の好きな時に買って、自分の好きな時に売る、というスタイルです。
ただ、このスタイルだと、利益確定のタイミングや、損切りのタイミングを逃してしまったりすることもあります。そこで、先物業者は、価格が一定の条件に触れた場合に自動的に注文が執行される、というシステムも導入しています。
この自動注文システムには多くの種類があり、業者によっても内容が異なります。具体的に解説します。
相場表の見方 相場表とは、先物取引の1日の値動きを一覧にまとめた表のこと。1日の始めに付いた値段を「始値」、1日でもっとも高かった値段を「高値」、1日でもっとも安かった値段を「安値」、1日の最後の値段を「終値」と言います。これら4つの値段を総称して「4本値」と呼びます。
先物取引では、この4本値の表が、毎日6種類並びます。ただ、難しく考える必要はありません。プロでもない限り、通常は1種類だけ見て取引していれば大丈夫です。
チャートの基本的な見方 チャートとは、過去から現在に至るまでの株価を、折れ線グラフのような形式で表示したもの。過去の値動きのパターンを知ることによって、今後の取引の判断に活かしていきます。
チャートを利用して将来の株価を予測することは、プロにとっても初心者にとっても非常に有効です。様々なチャート理論がありますので、余力があれば少しでもたくさん学んでおくことをお勧めします。
取引時間 先物取引は24時間できるわけではありません。適正な市場価格の形成に必要と思われる時間帯だけ、取引市場が営業しています。
かつては、深夜の取引はありませんでした。深夜は投資家も眠っているので、営業しても取引高が少なく、適正な市場価格の形成には無意味だったからです。
しかし現在は、ネット環境の普及や、海外在住の投資家の参入もあり、深夜の取引も重要な位置付けとなっています。
日経225先物取引で
得た利益の税金の納め方
日経225先物取引で利益を得た場合、その利益は税法上の「雑所得」と見なされるため、他の雑所得と同様、所得税と住民税を納めなければなりません。取引の仲介業者は税金を天引きしませんので、利益が出た場合には確定申告をして納税する必要があります。
逆に損失が出た場合でも、確定申告をすれば損失繰越を利用することができます。
商品先物取引の確定申告 商品先物取引もまた、日経225先物取引と同様に、雑所得に応じた納税が必要となります。また同様に、損失の繰越も可能です。利益が出たら確定申告は義務となりますが、損失が出ても確定申告しておいたほうが無難です。
 

これだけは知っておきたい先物取引の基礎用語

商品先物の勉強をしていくうえで、解説もなしに突然専門用語のようなものが登場することがあります。たとえば「建玉」。頻繁に登場する言葉ですが、その意味以前に、何と読むか分かりますか?「けんだま」ではありません。「タテギョク」と読みます。

先物取引をしていくうえで分からない言葉があればここで解説していますので、いつでも参照してください。

先物取引のリスクについて学びましょう

ここでは、先物取引のリスクに関することを学びます。

主なリスクの種類 先物取引のリスクは、値動きのリスクだけではありません。買ったものが下がる、というリスクだけではないということです。特に注意したいのが、追証(おいしょう)のリスク。投資資金よりもはるか大きな損失を抱えてしまうリスクですが、近年は業者判断による強制決済が入るところが多くなっています。
他にも様々なリスクが存在しますので、主なものはここでしっかりとおさえておきましょう。
主なリスク管理の手法 リスク管理は、見方によっては、利益を出す方法を知るよりも大事なことです。なぜなら、先物取引には「儲かるか、損するか」の二種類しか存在しないため、損しない方法をしっていれば、いずれは儲かるという理屈にもなるからです。
これは実際、理屈だけでの話ではなく、世界的に名を残す著名投資家の多くが、リスク管理の重要性を語っています。
ここでは、先物取引をする上で、初心者でも可能なリスク管理手法について解説しています。
 

[コラム]商品先物取引で初心者に勧めたいもの

商品先物取引の初心者は、まず少しでもリスクの小さい商品を選んで、練習をしてみたほうが良いでしょう。

商品先物取引で対象となっている様々な銘柄は、それぞれ値動きの特徴も平均取引高も異なります。なるべく値動きが穏やかで、かつ平均取引高の多い銘柄を選んだほうが、リスクは小さくなります。

おすすめは金です。さらに言えば、「金ミニ」です。なぜ金がおすすめなのか、また、「金ミニ」とはなんなのか、ここで詳しく解説しています。

[コラム]先物取引の役割とは

ここでは、一歩踏み込んで、先物取引の役割を解説します。普段の取引には直接関係のない知識ですが、ご自身の取引が世の中のどういったところに役立っているのかを理解しておいても良いでしょう。

リスクヘッジ 多くの企業が先物取引を経営のリスク管理目的として利用しています。
一般庶民がコンビニで買い物するのとは異なり、企業は常に仕入れ値との戦いを繰り広げています。仕入れ値は、コンビニと違って、毎日安定しているわけではないのです。
企業は、商品先物取引を仕入れに導入することで、購入価格の安定を図っているのです。
価格の安定 商品には本来、適正な価格というものがあります。しかし、一部の資産家が大きく資金を動かすと、その適正価格が崩れてしまうことがあります。その混乱に乗じて、その資産家は利益をあげることも可能です。
商品先物取引は、あえて市場取引という形式を設けることで、モノの適正価格の維持に貢献しています。
需給バランスの調整 需要が多すぎて供給が追い付かない場合には、市場価格が上がります。逆に供給が多すぎて需要不足の場合には、市場価格が下がります。
一部の資産家が、供給の少ない中で、安い値段で大量購入をする、などといった需給バランスを崩すようなことはできなくなります。
先物市場の価格を通じてモノの需給バランスが保たれているのです。
 

初心者の心強い味方!ロボアドバイザー

多くの投資家から注目を集めつつあるロボアドバイザー。ロボアドバイザーとは、人工知能を利用して、顧客に合わせた資産管理や資産運用をアドバイスしてくれるツールです。ネット上で簡単な質問に答えるだけで、これらのアドバイスをしてくれます。

ロボアドバイザーのメリットは、投資初心者でも専門的な資産運用を行なえることです。ロボアドバイザーの中には、ノーベル賞受賞者の理論をもとに資産運用のアドバイスをしてくれるものなどがあります。

手間をかけずに資産運用できる点もメリットといえるでしょう。資産運用まで自動で行なってくれるロボアドバイザーであれば、ポートフォリオのメンテナンスやリバランスなどを自動で行なってくれます。よって、忙しい方でも手間をかけずに資産を運用することが可能です。

以上の特徴やメリットなどから、ロボアドバイザーは多くの方から注目を集める資産運用ツールとなっています。特徴やメリットをさらに詳しく解説するので、興味を持った方は参考にしてみてはいかがでしょうか。

商品先物取引・日経225の業者を徹底リサーチ!

ここでは、日本国内にある代表的な商品先物取引業者を紹介しています。 それぞれサポート内容にも独自性があります。

業者選びは端末の対応も重視すべき

スマホやタブレットの普及率が高くなっているので、スマホやタブレットの取引に対応している取引業者はどんどん増えています。またリモートワークやノマドワークなど、多様な働き方が選べる時代に突入していることもあり、スマホやタブレットでも取引ができる方が値動きを読みやすいでしょう。

現在はPCだけに対応していれば十分だという人も、そのうちスマホやタブレットで取引を行う日が来るかもしれません。そのため、証券会社を選ぶときは、PCだけでなく、スマホやタブレットに対応しているかどうかも合わせて確認しておくのがおすすめです。

証券会社によってはスマホやタブレットのアプリを提供しているところもあるので、自分の取引スタイルに合わせて検討してみましょう。

ドットコモディティ(楽天証券) 提携金融機関:楽天銀行、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、ゆうちょ銀行など12行
サポート内容:楽天証券の商品先物部門なので信頼性は抜群。優秀なアナリストなどを多く採用し、高い専門性で市場動向と銘柄の展望を分析し、情報は随時発信。PC・スマホ・タブレットでの取引に対応し、専用アプリによってリアルタイムで銘柄の情報を取得可能。高性能なデイトレード専用画面は、日計りトレーダーの必須ツール。
日産証券(旧:日本ユニコム) 提携金融機関:三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行
サポート内容:対面取引を主軸に置く、地に足の着いた営業スタイルを貫く業者。専任の担当者が付き、初心者でも取引を分かりやすくサポート。専門家を招く講演会に顧客を無料で招待するなど、さまざまなサービスが好評。アクセスクロスWebとしてタブレットに対応しており、スマホの場合はスマホアプリをダウンロードすることで、取引が可能に。
岡藤商事 提携金融機関:三井住友銀行、楽天銀行、りそな銀行、埼玉りそな銀行
サポート内容:商品先物では老舗の業者。ネット取引システムの、CX Trade Sysutemが充実の機能と割安の手数料で公表。タブレットとスマホでの取引に対応。オンライントレードのアクセスCXにより、海外情報や市況コメントもリアルタイムで見ることが可能。シミュレーショントレードサービスもあるので、実際の取引前に練習することも可能。随時、専門家によるオンラインセミナー開催。
北辰物産 提携金融機関:三井住友銀行、みずほ銀行、りそな銀行など6行
サポート内容:月間売買高、口座増加数が主要な先物業者12社の中で1位。デイトレであれば1枚当たり170円からと、業界最安値水準の取引手数料。ミニの場合は31円から。PC、スマホ、タブレットなど5つのツールから取引可能。北辰物産では、スマホ用の取引ツールD-touchと、タブレット・PC用の取引ツールD-stationを用意。携帯版やWindows版のツールもあり、どのデバイスからでも快適に取引ができる環境が特徴。
フジトミ 提携金融機関:都市銀行、地方銀行、信金、ネット銀行など370行
サポート内容:ネット専業の商品先物業者としては、唯一のジャスダック上場企業。信頼があります。手数料も片道通常405円と、対面取引に比べて半値以下。業界最多の370行という提携金融機関からクイック入金手数料が無料。PCブラウザ版・スマホ版・Windows版の取引システムを用意し、環境に合わせて最適なツールを選べるという特徴あり。
松井証券 提携金融機関:ゆうちょ銀行、みずほ銀行、三菱東京UFJ銀行、楽天銀行など15行
サポート内容:金融先物を取り扱い。2代目の現社長は証券業界に革命をもたらした人物で、ネット取引や格安手数料などの草分け。充実した取引画面の機能、および多彩な注文方法が高評価。大手証券会社の一角として、さまざまなサービスが充実。スマホとPCの取引に対応しているほか、アレクサ対応のスマートスピーカーサービスも提供中。
フジフューチャーズ 提携金融機関:みずほ銀行、三菱東京UFJ銀行、楽天銀行など5行
サポート内容:ネット取引、スマホ取引におけるアプリ「Venus(ヴィーナス)」が、分かりやすく機能が充実していると好評。ログイン後の画面も情報が充実しており、取引は別の業者で、情報はフジフューチャーズで、というトレーダーも多い。老舗ならではの対面取引もあり。PC・スマホ・モバイルのいずれにも対応しており、場所を問わず取引が行える。モバイル端末専用のツールのみ、クイック入金が利用できないので注意が必要。
絶対わかる先物取引ガイド
岡安商事 提携金融機関:みずほ銀行、ジャパンネット銀行
サポート内容:もともと商品先物を得意としていたが、近年ではFX取引で有名に。月末の口座資産残高に応じて手数料が変わるシステム。一般人には無縁かも知れないが、預かり資産1億円以上の場合は片道1枚259円と格安。2011年からスマホ取引に対応。セミナーなどでスマホ取引の行い方を紹介していることもあり、使い方が分からない人でも安心。デイトレのメルマガが好評。
マネックス証券 提携金融機関:三菱東京UFJ銀行、楽天銀行、ゆうちょ銀行など7行
サポート内容:株式取引が中心の大手証券会社で、先物は金融のみ。オンライン専業。注文方法の種類の多さは業界随一で、特許申請中の特殊な注文方法もあり。日経225先物1枚356円、ミニは54円と破格。日本を代表する相場分析の頭脳も多く在籍し、提供される相場展望情報は貴重。PCとスマホのトレーディングツールを提供しており、PCではプロのトレーダーが利用している投資環境を実現できるマネックストレーダー、スマホでは株式取引が一つで完結するスマホ向けのアプリを取り扱い中。
ライブスター証券 提携金融機関:三菱東京UFJ銀行、楽天銀行、ゆうちょ銀行、三井住友銀行など11行
サポート内容:株式取引中心の証券会社。オンライン証券としては、常に手数料の最安値を争う。日経225先物が1枚250円、ミニは35円。PCのみならず、スマホにも対応したツールが分かりやすく使いやすい。逆指値やIFDOなど、最低限の特殊注文は完備。ライブスター証券では、PC用のlivestar R2、スマホ用のlivestar S2などのツールを提供。スマホアプリでも最大2000銘柄まで登録できるので便利。
日産センチュリー証券 提携金融機関:みずほ銀行、楽天銀行、住信SBIネット銀行、ジャパンネット銀行
サポート内容:昭和23年創業の老舗。オンライントレードの専用アプリ「ACCESS CX」は、発注ツールだけでなく分析ツールが非常に充実。かつ、見やすい。同ツールのデモ版を使って、取引前に練習が可能。初回入金から1ヶ月間は、全銘柄が手数料無料。スマホとタブレットのトレードアプリ、アクセスCX for Smartphone & Tabletが利用可能。同ツールはアクセスCXに口座を持っていれば無料で使用できる。
コムテックス 提携金融機関:三井住友銀行、りそな銀行、みずほ銀行、ジャパンネット銀行、楽天銀行
サポート内容:デイトレなら片道162円と業界最安値水準。ミニの場合は片道43円と格安。トレードワンスマートというスマホ用の売買ツールが利用可。自動更新で商品価格の確認が行えることから、Android専用アプリをダウンロードすれば、出先でもリアルタイムで情報確認が可能。また、コムテックスはWebブラウザに対応しており、タブレット端末でも売買が可能。板から直接発注システムも。プロのディーラーが考案した多様な注文方法を提供。
EVOLUTION JAPAN 提携金融機関:三井住友銀行、りそな銀行、みずほ銀行、楽天銀行など6行
サポート内容:多くのテクニカルツールを無料で利用可能。情報コンテンツの充実は業界でも卓越しており、これらもすべて無料で利用可能。スマホにも対応しているので外出先からもリアルタイムで注文可能。EVOLUTION JAPANのツールは、ブラウザに合わせて最適表示してくれるので、スマホやタブレットでも見やすいのが特徴。PCだけでなく、スマホやタブレットでも簡単に取引可能。
岡地 提携金融機関:三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、ジャパンネット銀行、住信SBIネット銀行
サポート内容:オンライン取引の顧客でも、投資アドバイザーと直接相談しながら投資ができる。ツールはトレーダー必須のボリンジャーバンドが搭載されるなど、プロ仕様に並ぶ高い機能性。オアシスというツールを提供しており、スマホとPCどちらにも対応可。スマホの操作に最適化しているため、スマホでもPCと変わらずに取引を進められる。リスク管理への注意喚起を積極的に行っている。
SBI証券 提携金融機関:三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、ジャパンネット銀行、楽天銀行など9行
サポート内容:株式を中心に取り扱う証券会社で、先物は金融のみ。ツールは「HYPER SBI」で、スマホ版もあり。初心者への詳細な入門講座など、スムーズに取引まで導く指南画面が分かりやすい。大手証券のため、市場分析情報が充実。PCだけでなくスマホアプリも対応しており、国内株式やFXの取引が楽に行えるのが特徴。
KOYO証券 提携金融機関:みずほ銀行、三菱東京UFJ銀行、楽天銀行
サポート内容:24時間体制で専門チームが顧客からの相談に対応。マーケット情報の問い合わせだけではなく、リスク管理なども含めた投資手法のアドバイスも受けることができる。不安な方には、手数料は割高だが対面取引も用意。Webブラウザ形式でスマホにも対応。アプリの提供はしていないが、Webブラウザ形式でAndroidとiPhoneのどちらからでも取引が行える。
auカブコム証券 提携金融機関:三菱UFJ銀行、中京銀行、イオン銀行、auじぶん銀行、池田泉州銀行など
サポート内容:現物株式の手数料は税抜き90円からで、信用取引の手数料に関しては0円と手数料が低いので、初心者でも始めやすいというメリットも持ち合わせているのが特徴。割引プランが充実していることから、現物株式の売買手数料が気になる方でも安心。PC・スマホ・タブレットでの取引に対応している。専用サイトもしくはアプリから注文可能で、携帯電話にも対応可能のため、スマホやタブレットを持っていない人でも安心。
 

【免責事項】この「先物取引が日本一よくわかるサイト」は、私個人の投資経験やネット・書籍などでリサーチした内容でまとめています。初心者でも参入しやすいと言え、商品先物取引・日経225先物は投資のひとつです。リターンとリスク、自分自身の資金状況などをしっかり把握して取引を進めましょう。当サイトの内容はあなた自身の責任で活用してください。当サイトを参考にして負った損失は保証いたしかねます。

 

先物取引初心者講座 限界を感じたら 仙人 富田

フジトミ(公式HPへ)

フジトミ

初めての先物取引ならココ

業者の特徴は千差万別。
初心者向け業取引会社と言ったら、
フジトミじゃろう。

初心者に扱いやすい商品も揃い、
無料セミナーは毎週3日開催。

まだ取引が不安な人向けのサポ
ート体制が充実しておるぞ