先物取引が日本一よくわかるサイト

先物取引が日本一よくわかるサイト

仙人

株価で取引をする日経225とは

日経平均株価指数を取引する先物取引、日経225。取引の流れやオプション取引などについても説明しています。

株価の先物取引・日経225&日経225ミニとは

日経225先物とは、日経平均株価の将来の株価を予測して取引することで利益を目指すこと。普段よく目にする日経平均株価を予測するので、身近な銘柄だといえるでしょう。

日経225と日経225ミニの違い

日経225は、最低取引単位である1枚が日経平均株価の1000倍の価格になります(実際に支払う金額ではありません)。一方、日経225ミニは日経平均株価の100倍、つまり日経225の10分の1の価格になります。

ミニのほうがレバレッジ効果は小さくなりますが、その分リスクも小さくなります。初心者でも扱いやすい銘柄です。

また、日経225は相場の変動や注文の金額が10円単位なのに対し、日経225ミニは5円単位となっています。

日経225の取引の流れ

  1. 新規注文
    インターネットや対面などで新規の売買注文をします。限月や売り買いの種別などを選択します。この時、執行条件なども指定できます。
  2. 建玉(たてぎょく)確認
    購入後は、現在持っている建玉の動向をチェックします。建玉とは未決済の取引のこと。建玉の損益はWEBサイトなどで逐一確認できます。
  3. 決済
    建玉を清算し損益を確定させます。

証拠金だけで取引ができる

日経225や日経225ミニも、ほかの銘柄同様に証拠金での取引が可能です。

株式の売買にはその株の価格の支払いが必要です。100万円分の株なら、100万円を支払うことになります。日経225ミニなら、100万円の取引を行うのに5~6万円程度の証拠金だけを預ければ取引ができます。

少ない投資額で大きな取引ができるので、少額でも投資に参加できる上に投資効率がかなり良いのです。

差金決済

先物取引の決済では、代金や有価証券のやり取りをしません。買った分だけ売却、あるいは売った分だけ購入することで決済をして、その売り買いの差額が損益として発生するだけ。これを差金決済といいます。

現物や代金のやり取りがないため、効率よく取引を進めることができます。

オプション取引とは

日経225は、先物取引であると同時にオプション取引でもあります。オプション取引とは、権利を売買する取引のこと。「日経平均株価を〇〇円で買う/売る権利」をやりとりしているのです。

オプションの満期日になると、買い手は権利を行使して日経平均株価を買うこともできるし、権利を放棄することもできます。一方、売り手は売る義務を果たさなくてはなりません。

先物取引で失敗しないために初心者が必ずチェックすべきポイント

先物取引初心者講座 限界を感じたら 仙人 富田

フジトミ(公式HPへ)

フジトミ

初めての先物取引ならココ

業者の特徴は千差万別。
初心者向け業取引会社と言ったら、
フジトミじゃろう。

初心者に扱いやすい商品も揃い、
無料セミナーは毎週3日開催。

まだ取引が不安な人向けのサポ
ート体制が充実しておるぞ