先物取引が日本一よくわかるサイト

先物取引が日本一よくわかるサイト

仙人

株価で取引をする日経225とは

日経平均株価指数を取引する先物取引、日経225。取引の流れやオプション取引などについても説明しています。

株価の先物取引・日経225&日経225ミニとは

日経225先物とは、日経平均株価の将来の株価を予測して取引することで利益を目指すこと。普段よく目にする日経平均株価を予測するので、身近な銘柄だといえるでしょう。

日経225と日経225ミニの違い

日経225は、最低取引単位である1枚が日経平均株価の1000倍の価格になります(実際に支払う金額ではありません)。一方、日経225ミニは日経平均株価の100倍、つまり日経225の10分の1の価格になります。

ミニのほうがレバレッジ効果は小さくなりますが、その分リスクも小さくなります。初心者でも扱いやすい銘柄です。

また、日経225は相場の変動や注文の金額が10円単位なのに対し、日経225ミニは5円単位となっています。

日経225の取引の流れ

  1. 新規注文
    インターネットや対面などで新規の売買注文をします。限月や売り買いの種別などを選択します。この時、執行条件なども指定できます。
  2. 建玉(たてぎょく)確認
    購入後は、現在持っている建玉の動向をチェックします。建玉とは未決済の取引のこと。建玉の損益はWEBサイトなどで逐一確認できます。
  3. 決済
    建玉を清算し損益を確定させます。

証拠金だけで取引ができる

日経225や日経225ミニも、ほかの銘柄同様に証拠金での取引が可能です。

株式の売買にはその株の価格の支払いが必要です。100万円分の株なら、100万円を支払うことになります。日経225ミニなら、100万円の取引を行うのに5~6万円程度の証拠金だけを預ければ取引ができます。

少ない投資額で大きな取引ができるので、少額でも投資に参加できる上に投資効率がかなり良いのです。

差金決済

先物取引の決済では、代金や有価証券のやり取りをしません。買った分だけ売却、あるいは売った分だけ購入することで決済をして、その売り買いの差額が損益として発生するだけ。これを差金決済といいます。

現物や代金のやり取りがないため、効率よく取引を進めることができます。

オプション取引とは

日経225は、先物取引であると同時にオプション取引でもあります。オプション取引とは、権利を売買する取引のこと。「日経平均株価を〇〇円で買う/売る権利」をやりとりしているのです。

オプションの満期日になると、買い手は権利を行使して日経平均株価を買うこともできるし、権利を放棄することもできます。一方、売り手は売る義務を果たさなくてはなりません。

日経225の魅力とは

ここでは日経225先物取引の魅力について紹介します。

銘柄選びが不要

日経225先物取引の投資対象商品は「日経平均株価」。ニュースでもよく見かけるほど身近な経済指標です。「日経平均株価」が投資対象なので、個別に株を調査して銘柄選びをする必要がありません。

また、取引方法がシンプルで日経平均株価が上がると思えば「買い」、下がると思えば「売り」を出せばよいのも魅力的です。また、ニュースや新聞などから判断する材料となる情報が集めやすく、私生活で感じる景気感から判断することもできるので、取引しやすいというメリットもあります。

売建ができる

先物取引は「買ってから売る」だけでなく「売ってから買い戻す」こともできる取引。相場が将来下落すると予想した場合は売っておいて、予想通り相場が下落したら買い戻せば、差額分が利益になります。そのため、相場が下がっている時でも利益を得ることができるのです。また、信用取引と違い、金利や証券会社から株を借りた時にかかる貸株料などのコストが発生しないのがメリットです。

資金効率がよい

先物取引は少ない資金で大きな金額の取引ができます。また価格の差額分を受け渡しする差金決済であるため、投資家は多額の資金を用意しなくても先物取引を行うことができます。

例えば、レバレッジが約3.2倍である信用取引と比べて、日経225先物の場合、約20倍以上のレバレッジを効かすことが可能。一段と資金効率の高い投資手段といえます。

また、証拠金は現金だけでなく株式を使用することも可能。そのため、保有資産をより有効に活用することができるのです。

夜間も取引できる

先物取引は日中の取引だけではありません。大阪取引所で夜間立合と呼ばれる16:30~05:30も取引が行われているため、欧米市場と取引が重なる時間があります。ロンドン、ニューヨークなどの市場で大きな値動きがあった場合、日本の市場にも影響が及び、日経平均先物も大きく動くことがあります。取引時間が長いため、流れに乗って利益を狙うことができます。

相場の下落局面でも利益が出せる

日経225先物では、相場が下落している場合でも利益を生み出すことができます。その理由は、信用取引のように「空売り」ができるためです。先物取引を始めるにあたって最も不安なことは、期限が来た際に相場が下落して、大きな損失を出してしまう事でしょう。

ですが、日経225先物では、空売りを利用した投資を行っていけば、損失を出すことのリスクを大幅に軽減させられます。

空売りで損失のリスクを大幅に減らす

空売りとは、現物が存在しない時点で売りの約束をすること。そして、その時点で売りの価格も決められています。そのため、期日が来た時に、あらかじめ決められている売りの価格よりも低い価格で決済を行えれば、その差額分が利益となるのです。

日経225先物で空売りの仕組みを利用すれば、期日に相場が下落していたとしても全く問題ありません。寧ろ、期日のときの相場が低くなればなるほど利益が生まれるため、リスクを大幅に軽減させられるでしょう。

日経225先物では空売りが自由に行える

信用取引でも空売りはできますが、信用取引の場合は様々な規制があり、初心者の方には利用しにくいシステムとなっています。

株式投資の空売り規制はデフレ対策のために導入されたもので、空売りできる株数や銘柄には制限があり、その規制を破ってしまうと「金融商品取引法違反」という罪に課せられてしまうリスクがあります。

その点、日経225先物では規制がなく、誰でも自由に空売りを利用可能です。

また、株式投資では企業の株を購入して、配当金や株式優待を受け取りながら、長いスパンで投資を行うことが一般的となっています。ですが、日経225先物では特定の企業の株を購入する訳ではありません。

そのため、「企業への投資」という概念がないため、空売りをしやすいという特徴もあります。

差金決済ができる

短期的な投資をしている方には日経225先物がおすすめですが、その理由が「差金決済ができる」という点です。差金決済ができるということは、1日あたりの取引回数に制限がないということなので、1日に何回でも取引を行うことが可能となります。

通常、現物の株式や信用取引では差金決済ができないため、これは日経225先物だからこそのメリットだと言えるでしょう。

差金決済について

もし、現物の株式や信用取引のように差金決済が不可であれば、資金のやり取りは1日に1回しか行われません。つまり、100万円分の取引を1日に1回行ってしまったら、その後その100万円分は当日取引不可となります。

限られた回数しか取引が行えないため、複数回に分けて細かく売買したいという方にとっては、とても不利な状況になるでしょう。

その分、日経225先物では小さな取引を何回も行えるため、複数回の取引で利益を得たいデイトレーダーにとっては大きなメリットです。

取引が小さければ利益も小さくなりますが、その分、損失を発生させるリスクも小さくすることができるため、これから先物取引に挑戦しようとしている方にとっては安心材料となります。

日経225のデメリット

日経225には少ない資金で大きな取引ができ資金効率のよい金融商品です。しかしこうしたメリットに対してさまざまなデメリットもあります。

過剰なレバレッジによるリスク

日経225の魅力に20倍以上のレバレッジを利かすことが可能とレバレッジ効果の高い金融商品であることがあげられます。

このために証拠金が小額でも大きな利益を得ることができるのです。同時に大きな損失を被る可能性があることを忘れてはいけません。市場の価格変動によっては証拠金を大きく割り込み、大きな損失を被ることがあります。

証券会社などでは日経225の取引には強制ロスカットのシステムを設定し、証拠金が一定割合を下回った場合は強制的に決済されることがありますが、相場が急変し暴落、暴投などがあった場合はロスカットが間に合わず、証拠金をはるかに超える損失を被ることもあります。

レバレッジをかける際は、あくまでもご自身の資産状況に応じてレバレッジをかけることが重要になります。

取引き期限がある

先物取引には取引き期限がありますが、日経225の場合は限月取引の形で3月、6月、9月、12月の第2金曜日(当日が祝日の場合は前営業日)に期日が決められ、その前日が取引最終日となります。

特に注意しないといけないのが、通常の株式取引は投資家が株式を保有し続けることができますが、先物取引では儲けがでていようが損失を出していようが、3月、6月、9月、12月の第2金曜日には必ず現在のポジションで決済されることです。例えばもう少し値が上がってから売却して利益を得ようと思っていても、強制的に決算されていたり、購入日によっては1か月もたたないうちに決算されることもあります。

日経225はあくまでも短期投資でという認識で必要です。なお取引き期限を超えても保有したい場合はロールオーバーして保有期限の変更をすれば継続して保有できます。

証拠金の追加差し入れが必要な場合がある

相場の変動などにより、証拠金に不足が生じた場合などは証拠金を追加で差し入れたり追加預託が必要になります。

この時、指定された期限までに不足額が差し入れられなければ建て玉の一部またはすべてが決済・処分されることがあり、また生じた損失は投資家が責任を負うことになります。

値幅制限がある

通常の株式投資にストップ高やストップ安があるように日経225にも値幅制限があります。これは相場の急変動から投資家を守ることを目的として設けられているものです。

その時々の日経平均株価により違ってきますが、値幅制限を超えると終日取引停止になります。こうした場合転売または買戻しによる決済ができないこともありますので注意が必要になります。

取引を一時中断することがある

先物価格が急変し、相場が過熱しすぎた場合などにはサーキットブレーカー制度といって、取引を一時中断し投資家の過熱感を鎮めるために取引を一時中断することがあります。

サーキットブレーカー制度が適用され、取引が中断された場合は、制限値幅が第1次制限値幅に拡大され取引は再開されます。しかしそれでも価格変動が大きい場合は再度取引を中断し、制限値幅が第2次制限値幅まで拡大されたうえで取引が再開されます。

中断時間は制限値幅の上限または下限で取引が成立した場合は15分間。制限値幅の上限または下限の気配値が提示されてから5分以上取引が成立しない場合は10分間の中断になります。また4時45分から日中立会終了時まで、または2時30分からナイトセッション終了時までは中断されません。

なお過去にサーキットブレーカーが制度が適用されたのは2001年9月12日のアメリカ同時多発テロ直後、2008年10月10日と2008年10月14日のリーマンショック時があげられます。

詳細が学べる日経225セミナー

日経225は資金効率がよく、夜間でも取引ができる投資。そのため、眠っている貯金を投資に回したい方や昼間忙しいから夜間に投資活動をおこないたい方におすすめです。

さらに詳しく日経225を知りたい方のために、このサイトでも先物取引の無料セミナーを紹介。先物取引初心者が参加できる投資セミナーや基礎から学べる日経225セミナー、中級者向けのセミナーやプロが教える本格的なセミナー、オンデマンドで学べるセミナーなど、様々なセミナーの詳細を掲載しています。

セミナーごとの特徴やレクチャー内容を事前に知っておくことで、時間を有効活用。自分に合ったセミナーを見つけて参加し、投資にご活用ください。

⇒日経225を知れるセミナー情報をチェック

先物取引で失敗しないために初心者が必ずチェックすべきポイント

安心して日経225への投資をするために

最も大切なのは過剰なレバレッジをかけることなく、ご自身の身の丈に合った投資を心掛けることです。特に先物取引の場合、損失を取り戻そうとさらに資金を投入し、さらに損失を広げるといった損失が損失を呼ぶ投資になることがあります。

こうしたことにならないようにご自身が日経225で使える資産をあらかじめ決めて、その資金の範囲内において投資をすることをおすすめします。例えば証拠金50万円で20倍のレバレッジをかけて1,000万円の取引をした場合は50万円の投資をしているのではなく、1,000万円の取引をしているという認識が必要です。1,000万円の取引をするのであれば、ご自身の現金資産も相応の資産がないと安心な投資とは言えません。

ご自身の資産全体をしっかりと把握した上で、無理の無い範囲でレバレッジ、投資金額を決めて投資することがおすすめ。時には損切りすることも重要です。

まとめ

このように日経225にはさまざまなデメリットがありますが、それにも増してメリットの大きい金融商品です。

日経225のデメリットを踏まえたうえで、メリットを生かした安全な投資を行うことをおすすめします。

先物取引初心者講座 限界を感じたら 仙人 富田

フジトミ(公式HPへ)

フジトミ

初めての先物取引ならココ

業者の特徴は千差万別。
初心者向け業取引会社と言ったら、
フジトミじゃろう。

初心者に扱いやすい商品も揃い、
無料セミナーは毎週3日開催。

まだ取引が不安な人向けのサポ
ート体制が充実しておるぞ