先物取引が日本一よくわかるサイト

先物取引が日本一よくわかるサイト

仙人

ビットコインとは

ビットコイン(Bitcoin)は、世界のどこにいても、誰でも簡単かつ低コストで支払うことができる分散型のデジタル通貨です。

仮想通貨は現在、1000種類以上ありますが、その中で圧倒的シェアがあり、基軸通貨と言われているのがビットコインです。

今後の通貨の概念を変え得る可能性も秘めており、世界中から注目を集めています。

2017年はビットコインを含む多くの仮想通貨が高騰した、飛躍の年となりました。

注目はされていますが、まだまだ理解されていない方もたくさんいたっしゃるかと思いますので、今回はビットコインについて取り上げたいと思います。

ビットコイン(Bitcoin)とは

ビットコイン関連用語

仮想通貨として知られるビットコインのシステムは、中央銀行や単一の管理者なしで機能する最初の分散型デジタル通貨です。

ネットワークはピアツーピアであり、取引は仲介者なしに直接ユーザ間で行われます。

これらのトランザクションは、 暗号を使用してネットワークノードによって検証され、 ブロックチェーンと呼ばれる公的分散帳簿に記録されます。

ビットコインは、サトシ・ナカモト氏をはじめとするグループによって開発され、2009年にオープンソースソフトウェアとしてリリースされました。

ビットコインは、 マイニングと呼ばれるプロセスの報酬として作成されます。 それらは他の通貨、商品、サービスと交換することができます。

現在、10万人以上の商人とベンダーがビットコインを支払いに受け入れています。

ケンブリッジ大学の研究によると、2017年には、暗号化方式のウォレットを使用するユーザーは2.9~580万人にのぼり、その過半数がビットコインを利用していたと推定されています。

「分散型」という言葉は、ビットコインにトランザクション処理や資金保管のための中央サーバがないことを意味します。

ビットコインの排出量は、 2100万 ビットコインを超えることはできないため、制限されています。

計算によると、ビットコインの生産は2140年に終了する予定です。

ビットコインのトランザクションは、広範なピアツーピアネットワークによって規制されています。

デジタル署名を使用する分散型ピアツーピアネットワークを介して配布される分散型パブリックユニバーサルデータベースを使用し、使用中の資金のセキュリティと正当性を保証するための作業証明プロトコルによってサポートされています。

サードパーティが、他の人のビットコインをその名前で作成することができないようにするために、暗号を使用して電子署名を作成し検証します。

このシステムでは、A氏やB氏などの各人物に、1つまたは複数のアドレスがあり、

それぞれにウォレットに保持できる暗号キーとシークレットキーの関連するペアがあります 。

シークレットキーを持つユーザだけがトランザクションに署名してビットコインの一部を他人に与えることができますが、誰でもそのユーザの公開キーを使用して署名を検証できます。

ビットコインは最も広く普及しています。 その総市場価値は1,710億ドルを超えています。

多くのサイトでビットコインを交換 、購入、販売することができます。

ビットコインを使用すると正式にユーザーの識別が必要ないという事実にもかかわらず、匿名ではありません。

ブロックチェーンとは

ブロックチェーンとは、簡単に説明すると、ビットコインの取引を記録する公開台帳です。

信頼できる中央権限なしでそれらを実現し、ブロックチェーンのメンテナンスは、ビットコインソフトウェアを実行する通信ノードのネットワークによって実行されます。

支払人AがZビットコインを被支払人Cに送信する形式のトランザクションは、容易に利用可能なソフトウェアアプリケーションを使用して、このネットワークにブロードキャストされます。

ネットワークノードはトランザクションを検証し、それらを元帳のコピーに追加し、これらの元帳追加を他のノードにブロードキャストすることができます。

ブロックチェーンは分散データベースというわけです。

あらゆるビットコインの量の所有権のチェーンを独立して検証するために、各ネットワークノードはブロックチェーンの独自のコピーを格納します。

1時間に約6回、受け入れられたトランザクションの新しいグループ、ブロックが作成され、ブロックチェーンに追加され、すぐにすべてのノードに公開されます。

これにより、ビットコインソフトウェアは、特定のビットコインがいつ使われたかを判断することができます。

これは、中央監督なしの環境での二重支出を防ぐために必要です。

従来の元帳は、実際の請求書またはそれとは別に存在する約束手形の移転を記録するのに対して、ブロックチェーンは、ビットコインが未使用の取引成果の形で存在すると言える唯一の場所です。

マイニング

マイニングは、コンピュータ処理能力を使用して行われる記録保持サービスです。

マイナーは、新たにブロードキャストされたトランザクションをブロックと呼ばれる新しいトランザクショングループに繰り返し照合して収集することによって、ブロックチェーンを一貫性、完全性、および変更不可能な状態に保ちます。

ビットコインノードはブロックチェーンを使用して、正当なビットコイントランザクションと既に別の場所で費やされたコインを再使用する試みとを区別します。

マイニングは、リソースを集中的に使用することが難しく 、マイナーが毎日見つけたブロックの数が安定しているように意図的に設計されています。

個々のブロックには、有効と見なされる作業証明が含まれていなければなりません。 この作業証明は、ブロックを受信するたびに他のビットコインノードによって検証されます。

ビットコインは、 ハッシュキャッシュ機能証明関数を使用します。

ビットコインのブロックチェーンは、暗号化の作業中にトランザクションの匿名性を保持する最善の方法です。

それにもかかわらず、100回のネットワーク確認後にのみ使用できます。

ビットコインは、他の商品の採掘に似ているため、いわゆるマイニングであると言われています。

それは努力が必要で、金のような商品が地面から採掘される率に似た速度でゆっくりと新しい通貨を利用できます。

ビットコインの将来性

ビットコインと地球

現在仮想通貨は、1000種類以上もあり、日々進化しています。

ビットコインは2017年に分岐騒動があったりもしましたが、その後は大きく高騰しています。

しかし、2018年に入ると、世界各国に規制する動きがあり、仮想通貨全体の価格が暴落しました。

今までであれば、暴落してもすぐに値を戻しましたが、今回は少し様子が違うようです。

しかし、今後の大型アップデートを控えている通貨もあったり、まだまだ価格が上がる要素があるのも事実です。

ビットコインに関しては、世界で規制の動きがあるため、しばらくは様子見といったところでしょう。

今後ビットコイン以外の通貨が主役になる可能性も十分あります。

仮想通貨自体はまだまだ進化の途中なので、今後私たちにとってどういった存在になるのか楽しみにしたいですね。

 

先物取引初心者講座 限界を感じたら 仙人 富田

フジトミ(公式HPへ)

フジトミ

初めての先物取引ならココ

業者の特徴は千差万別。
初心者向け業取引会社と言ったら、
フジトミじゃろう。

初心者に扱いやすい商品も揃い、
無料セミナーは毎週3日開催。

まだ取引が不安な人向けのサポ
ート体制が充実しておるぞ