先物取引が日本一よくわかるサイト

先物取引が日本一よくわかるサイト

仙人

チャートの基本的な見方

ここでは先物取引のチャートの見方について解説しています。

チャートとは?

チャートというのは、簡単に言えば日々の値の動きを折れ線グラフにしたもの。価格の大きな流れを視覚的に理解するうえで、とても役に立ちます。

では実際にチャートを見てみましょう。

チャート例

(株式会社コムテックスのHPより)

株やFXでもよく見るグラフですね。

チャートに織り込む情報は各社いろいろ。基本的には、毎日の始値・高値・安値・終値を表す「ローソク足」、過去の一定期間の価格を平均した「移動平均線」、毎日の約定枚数を示す「出来高」、以上の3項目は必ずあります。

パッと見ただけでもトレンドが分かる?

チャートの主な目的は、現在のトレンドを知ること現在の株価の動きが上に向かっているのか、それとも下に向かっているのかなど、大きな流れはチャートを見れば一目瞭然です。たとえば上で紹介した表をご覧ください。

昨年の11月~12月にかけて、上昇の形を描いていますよね。通常、これを見れば上昇トレンドと判断できます。今後もこの波が続くと予想して、12月に「買い」を入れる人もいるでしょう。価格はもみ合いながらも、確かに上昇トレンドは1月まで続いています。

逆に、2月あたりからは下降トレンドに入っているのが分かります。ここで「売り」を入れる人がいるでしょう。その後、下降しているのが分かるので、すぐに「売り」を入れた方は、大きな損害を防げましたね。

このように、単純にチャートの形をパッと見ただけでも、何も考えずに投資をするよりは、格段に勝率が上がります。

移動平均線のゴールデンクロス・デッドクロス

チャートに併せて描かれている移動平均線の動きを見ると、よりトレンドが把握しやすくなります。とくに、上昇トレンドから下降トレンドへ、または下降トレンドから上昇トレンドへ流れが変わったときに、いち早くこの変化をキャッチできると言われています。

移動平均線には、通常、短期線長期線の2種類があります。上の表では、赤が短期線、青が長期線です。

短期線が長期線を下から上にズバッと突き抜けることを、ゴールデンクロスと呼びます。通常ここで「上昇トレンドに入った」と判断します。

上の表では、昨年の11月にこの形が描かれているのが確認できます。確かにその後、価格はしばらく上昇を続けています。

逆に、短期線が長期線を上から下にズバッと突き抜けることを、デッドクロスと呼びます。これは「下降トレンドに入った」ことを示すと言われます。

たとえば、上の表では、今年の2月の後半にデッドクロスが見られます。その後の動きはまだ時間がたってみないと分かりませんが、通常、下降トレンドに入ったと考えて、売りを入れるケースが多いです。

チャートは先物取引だけではなく、株でも利用されます。株は先物取引と違って銘柄数が多いので、全部合わせると数千種類のチャートを見ることができます。

見方は先物取引のチャートと一緒なので、たくさんの種類の株のチャートを見て、ゴールデンクロスとデッドクロスの感覚を掴んでみると良いでしょう。

取引で勝つためには相場の分析が必要不可欠です。その分析には大きく分けて「ファンダメンタルズ分析」と「テクニカル分析」があり、日経225先物ではテクニカル分析が主流とされています。そこでテクニカル分析で使われるチャートについてご紹介します。

テクニカル分析とは?

テクニカル分析とは、過去と現在の値動きのパターンを比較して、今後の値動きの動向を予想するものです。 たとえば過去のパターンと似た動きになった場合、現在でも同じ値動きをするかどうか分析します。テクニカル分析では、どれか一つのチャートではなく、様々なチャートを組み合わせて使うことが多くなっています。それをそれぞれのチャートに長所と短所があるため、組み合わせて使うことで相場の方向を判断できるからです。

またテクニカル分析も大きく分けて2つの系統に分けることができます。それが「トレンド系」と「オシレーター系」です。トレンド系は中長期での相場の方向性を見るのに使用し、オシレーター系は短期的な需要の変化などを見るに使用します。

ではテクニカル分析で使われるチャートの見方についてご紹介します。

チャートの特徴と見方

<トレンド系>

【ローソク足チャート】

まずは基本となるのがローソク足チャートです。

ローソク足とは、始値・安値・高値・終値をローソクの形に表したものです。国内でもっともよく用いられるチャートになります。値段が上がった時は「陽線」と呼ばれる赤の線で、値段が下がった時は「陰線」と呼ばれる青の線で描画されます。

1日単位のものを「日足」、週単位を「週足」、月単位を「月足」といいます。日足は短期的な値段の流れを、週足は中期的、月足は長期的な値段の流れを見るのにそれぞれ使用します。ただし一つのチャートだけを見ていると全体の値動きが把握しにくいので、使い分けるのが重要です。

【移動平均線】

移動平均線とは過去の一定期間の終値の平均値を計算して、それをつなぎ合わせたものです。たとえば「5日移動平均」は、過去5日間の終値の平均値になります。翌日になるとまたその日を含んだ過去5日間に更新されていきます。

【パラボリック】

パラボリックはローソク足チャートの上下にある放物線の形をした線のことです。SAR(ストップ&リバース)という値を繋げて線にしたもので、ローソク足がバラボリックの上にある場合は「上げ相場」、下にある場合は「下げ相場」となります。そのためローソク足が下にある状態が売りサイン、上に抜けたら「買いサイン」とされます。

【ボリジャーバンド】

ボリジャーバンドは相場の強弱や現在値の狀態を見るのに使用します。「TP(ティピカル・プライス)」と呼ばれる高値・安値・終値の平均値と、「標準偏差」が表されています。今の値動きが通常の範囲内なのか、異常値になるかを判断できます。

たとえば価格は「平均値±標準偏差の2倍」内で動くことが多くなっています。そのため「平均値+標準偏差の2倍(+2σ)」よりも上の時は売りサイン、「平均値-標準返済の2倍(-2σ)よりも下の時は買いサインといった形で活用できます。

<オシレーター系>

【RSI】

RSIとは「Relative Strength index」のことで、訳すと「相対力指数」となります。現在の値が0~100%のどこの位置にあるのかを判断するのに使用します。一定期間(短期で9日間、中期で14日間が多い)における価格の変動における「値上がり幅」の割合を示していて、水準より「買われすぎ」なのか「売られすぎ」なのかを判断できます。

一般的には70%以上を買われすぎ、30%以下を売られすぎと判断します。9日間・14日間という期間は自分で設定することができます。

【ストキャスティクス】

ストキャスティクスは「推計」と意訳され、「RSI」と似ています。「%K」「%D」の2本の折れ線で表され、ある一定期間の最安値を基準として、その日の終値がどの位置にあるか示しています。これにより「買われすぎ」なのか「売られすぎ」なのかを判断します。

たとえば、「%K」が「%D」を上から下抜けしていた場合は売りサイン、「%K」が「%D」を上抜けしていた場合は買いサインとされています。

【MACDI】

MACDとは「Moving Average Convergence and Divergence」の略称で「マックディー」と呼ばれ、訳すと「移動平均収束発散法」となります。一般的に12日と26日の2本の指数平滑平均線と呼ばれるものを使用し、その差を表したものです。こちらも買われすぎ、売られすぎの判断に使用します。MACDがシグナル線よりも上を抜いたら買いサイン、下を抜いた場合は売りサインとされています。

【サイコロジカルライン】

サイコロジカルラインは、市場心理を図る際に使用します。投資家の心理を数値化し、売買タイミングを図ります。一般的に30%以下が買いシグナル、70%以上が売りシグナルとされます。

算出方法が単純なので分かりやすいですが、「ダマシ」も多いので他の指標と組み合わせることが大切です。

まとめ

テクニカル分析についてご紹介しましたが、これら全てを使うのは大変です。そのためまずは基本のローソク足から始め、移動平均線でトレンドを判断できるようになりましょう。それに慣れたら様々なチャートを見比べて、自分の取引スタイルにあった分析方法を身につけるのがおすすめです。

先物取引で失敗しないために初心者が必ずチェックすべきポイント

先物取引初心者講座 限界を感じたら 仙人 富田

フジトミ(公式HPへ)

フジトミ

初めての先物取引ならココ

業者の特徴は千差万別。
初心者向け業取引会社と言ったら、
フジトミじゃろう。

初心者に扱いやすい商品も揃い、
無料セミナーは毎週3日開催。

まだ取引が不安な人向けのサポ
ート体制が充実しておるぞ