先物取引が日本一よくわかるサイト

先物取引が日本一よくわかるサイト

仙人

チャートの種類

 チャートの種類は?

chart

チャートとは、日々の値動きを折れ線グラフにして分かりやすくしたものです。チャートを見ることによって現在のトレンドを知ることができます。

このチャートは「日足」、「週足」「月足」などに分けられます。

【日足(ひあし)】

日足とは、1日という期間にしぼって始値・安値・高値・終値の4本値を使って、1日1本のローソク足を並べたチャートのことを言います。投資家がもっとも使用するチャートと言われています。

特にデイトレードなどをする短期投資家によっては重要なチャートとなります。

【週足(週足)】

週足とは1週間1本のローソク足を並べたチャートのことを指します。

週の最初の値段が始値、金曜日の引け値が終値になります。中長期で取引する方に適しています。

【月足(つきあし)】

1か月の値動きを1本のローソクで表したものです。月足は月の最初についた値段が始値、月末の引け値が終値になります。

長期の取引に使うチャートで、基本的には毎日チェックしなくても良いとされますが、株価の位置がどれくらいにあるかを確認するのに便利です。

また1年を4本値で表して「年足(ねんあし)」や、分単位の4本値を表している「分足」というものもあります。

どう使い分ければ良いの?

【投資期間で考える】

time

当然ですがこの3つのチャートはそれぞれ期間が違うので、同じ銘柄でもその形は全然違ったものになります。

この形の違いは、それぞれ短期・中期・長期で見た時のトレンドの違いです。

例えば日足チャートを見てみると、トレンドが右肩上がりになっています。しかし週足チャートで見てみると、株価は上がったり下がったりしています。

そしてそれを月足チャートで長期的に見てみると、トレンドがずっと右肩下がりになっているということもあるのです。

そのためこの3つは基本的には投資期間や自分の投資スタイルによって使いわけましょう。中長期の取引を重視する方の場合は週足・月足を、短期の取引を行う場合には日足や週足をメインにするのがおすすめです。

ただし短期で取引をする場合でも、水準を知っておくことは大切ですから、月足も確認するようにしましょう。

チャートを多角的に見ることが取引の成功率を上げることにも繋がります。

【現在の株価水準を見るのに使用する】

株価には理論的に「適正価格」が存在します。しかしその適正価格はずっとチェックしていなければ把握するのが難しくなっています。

そのため中長期でチャートを使い分け、今が割安な時であるかどうか株価水準をチェックします。

この株価の水準を見るのに便利なのが週足チャートでうす。そのため基本的にはまずこの週足チャートからチェックしましょう。

【売買のタイミングを考える】

株価水準が割安だった場合、次に「どのくらいで買う・売る」を決めなくてはいけません。

買う場合はどこまで値段が下がるか、売る場合はどこまで上昇するかを様々なチャートを使い分けて考えます。このタイミングを決めるのに便利なのが日足チャートです。

短期でみて安値な場合でも、中期で見れば高値域な場合があります。そのためその銘柄の水準を中長期で見て値を判断しましょう。

【チャートの使い分け例】

まずは10年間の月足チャートを見て、その銘柄の株価の流れを把握します。価格帯別売買高もチェックして、上値と下値も見ておきましょう。

そして次に5年間の週足チャートをチェックします。ここで現在のトレンドと株価を確認します。

次に現在の月足や週足を見ながら、現在の株価がどのような位置にあるか確認します。もし良さそうな位置(割安内位置)にある場合は、日足チャートをみて売買のタイミングを図っていきます。

海外のチャートの違いは?

商品先物取引をされる場合、海外のチャートもチェックする方も多いと思います。海外先物取引の電子取引市場はほぼ24時間取引となっているので、時間を気にせずに取引ができます。

特にCME(シカゴ・マーカンタイル・エクスチェンジ)などは日本時間の朝6時から翌朝の6時15分まで取引ができます。ただしサマータイムがありますので気をつけましょう。

また配信には遅れが生じる場合がほとんどですので、それを頭にいれて取引をすることが大切です。

【多くの証券会社は海外のチャートもチェックできる】

多くの証券会社では海外のチャートもチェックできる様になっています。日本と同じ、日足・週足・月足・分足などをチェックできます。

ただし海外の方が細かくチェックできない場合もありますので、海外先物取引を視野に入れている方はそこも考えて取引業者を選びましょう。

また業者によっては海外の取引でも対応できるように、夜間の電話相談を行っている所もあります。

まとめ

チャートの種類や使い分け方などについてご紹介しました。商品先物取引は最長で1年の取引期限がありますので、チャートはこまめにチェックする習慣をつけましょう。

また将来の価格を取引するので、商品の水準については常に頭にいれておくことが必要です。

そのためにも、日足・週足・月足チャートをうまく使い分けて、水準を把握しておきましょう。

先物取引初心者講座 限界を感じたら 仙人 富田

フジトミ(公式HPへ)

フジトミ

初めての先物取引ならココ

業者の特徴は千差万別。
初心者向け業取引会社と言ったら、
フジトミじゃろう。

初心者に扱いやすい商品も揃い、
無料セミナーは毎週3日開催。

まだ取引が不安な人向けのサポ
ート体制が充実しておるぞ