おすすめ先物取引会社3選

日産証券

法人やプロ向けの先物取引会社なら

フジトミ

初心者向け、無料サポート充実の会社ではじめるなら

豊商事

顔を合わせた対面営業で相談しながらはじめるなら

先物取引が日本一よくわかるサイト

先物取引が日本一よくわかるサイト

仙人

先物取引で扱う銘柄(商品)について

初心者にオススメの銘柄とは?

商品先物取引には色々な銘柄(商品)がありますが、先物取引の経験やリスクを考慮して銘柄を選択することが、初心者でも先物取引を成功させる上でのヒケツです。

初心者にオススメの銘柄

初心者にもオススメできる商品先物取引の銘柄には、以下のようなものがあります。

金は、先物取引おいて価格の振れ幅が少なく、安定した需要がある商品です。そのため、世界の動向や金の需要が現在どうなっているか、アンテナを張っておけば上手くいきやすいでしょう。

万が一価格が変動してもしばらくすれば状況に見合った価格に戻るので初心者にもおすすめ。個人での取引でも長期での投資にも適しています。

急激な価格変動や不自然な取引の流れは投資家にとって大きなリスクです。言い換えれば、人々の関心度が高くて情報収集も行いやすい金は、初心者にとって便利な銘柄といえます。

ただし、一方で価格の変動が少ないということは差額が生じにくいということであり、商品先物取引でしっかりと利益を上げようと考えた場合、物足りなくなってしまうこともあるでしょう。

とはいえ、まずは金など価格予想をしやすい銘柄で先物取引の経験を積むことが重要です。

商品先物取引では、生産者・消費者という当事者間の関係と、それに影響を及ぼす第三者やその他の理由について見極めることが、価格を予想する上で不可欠です。

金は「有事の金」とも呼ばれるように、世界情勢に影響されやすく、国や地域によっては現地通貨よりも信頼性が高いこともあります。

そのため、金は各国の景気や国家間の情勢に不安があり、それぞれの通貨に対する信頼性が下がると、反比例して価値が上昇しやすいという傾向がある銘柄です。

そしてだからこそ、金の価格は世界経済の動向や金需要をしっかりチェックすることで、初心者でも値動きを理解することが可能です。

なお、現在は少なくとも採掘しやすい部分からの金はあらかた取り尽くされているともいわれています。つまり、世界市場における金の総量はある程度ピークに達しているといえるでしょう。

言い換えれば、金は鉱山労働者のストライキによる操業停止といった供給減少のリスクも少なく、これまで以上に価格変動の要因は世界情勢や金融商品としての需要に依存していくと考えられます。

金の商品先物取引について詳しく見る

白金(プラチナ)

プラチナは、先物取引において金と同じく価格が乱高下したり、先の読めない動きをするといったことが少ない商品です。そのため、初心者でも取引しやすいのがメリット。

プラチナは金と用途も似ているため、市場も似たような動きをすることが多くなります。すでに金で取引している方は、金の取引とプラチナの取引を組み合わせて運用しサヤ取りもできるのでおすすめです。

金や白金といった経済的背景の近しい銘柄を同時に押さえておくことで、どちらか一方の価格が急変動した場合でも、その後の値動き予想を立てやすい上、もう1つの銘柄と合わせて取引することができます。

すると、例えば急な値動きによって仮にどちらかの銘柄の買いで損失が出たとしても、関連するもう一方の銘柄の売りで利益を出せば、損失を相殺することが可能です。

このように、異なる銘柄による利益と損益を差し引きして、損失を回避したり、結果的に利益を得たりする方法を「サヤ取り」と呼びます。

プラチナの商品先物取引について詳しく見る

原油

原油もまた、世界情勢に影響されやすい銘柄の1つです。

原油は値動きが大きく、産油国の政策やOPECの決定、石油関連商品への需要といった事情も考慮する必要があるため、初心者には金や白金よりリスクがあるともいえます。

しかしその一方で、少なくとも現在はまだ、世界のエネルギー事情は灯油やガソリンといった化石燃料に依存しており、原油価格やその影響に関連する情報は常にあらゆる分野で飛び交っています。

情報が多いということは、それだけ価格予想を立てやすく、急な展開にも即座に対応できる可能性が高いということです。

先物取引では原油は「ニューヨーク商品取引所」「ロンドン国際石油取引所」「シンガポール店頭取引所」といった場所で取引されていますが、意外にも場所によって価格が大きく異なることは少ないようです。

ただし、原油を消費する経済圏の影響を受けやすい商品となっていることから、為替相場も原油の取引では影響を受けやすくなります。そういったところにもしっかりとアンテナを張ることが利益を出すコツといえるでしょう。

原油の商品先物取引について詳しく見る

中級者にオススメの銘柄

ある程度まで商品先物取引に慣れてくれば、今度は生産者と消費者、世界情勢といった人間にまつわる影響だけでなく、地球環境や自然による影響にも注目していきましょう。

コーン・一般大豆

コーンや一般大豆は、農作物の商品先物取引で人気の銘柄です。

常に一定の需要があり、生産量も多く、価格にも透明性もあります。

また、コーンと一般大豆は先物取引の銘柄として特性が似ているため、サヤ取りの対象としても考えられます。

コーンや一般大豆だけでなく、総じて農作物の価格変動の要因は収穫量です。

例えば豊作で収穫量が増加した場合、市場での供給も増えて、価格下落の要因になります。

一方、天候不順や台風などによる影響で収穫量が激減した場合、需要に供給が追い付かず価格が上昇することもあるでしょう。

当然ながら、地域の気候や長期的な天候の予測に関する情報は常に最新のものを集めておくことが必要です。

しかし、近年は観測史上最大の降水量の記録更新が相次いだり、季節を無視した気温変化が続いたりと、想定外の気候変動も増えています。

そのため、コーンや一般大豆といった農作物は情報量が多い反面、しっかりとリスク管理を行うことも重要な銘柄です。

天然ゴム

天然ゴムは、自動車のタイヤやゴム製品といった産業用・工業用素材を製造する上で欠かせない原料です。

一方、天然ゴムはそもそもゴムの木の樹液であり、立派な農作物でもあります。

ゴムの木はタイやインドといった国に自生しており、必然的にそれらの国が天然ゴム原産国となっていますが、近年はインドのニューデリーで観測史上最高の気温48度を記録したり、エルニーニョ現象による大干ばつが起きたりと、ゴムの木の成長や樹液生産に影響する自然現象が頻発している点は重要です。

上級者にオススメの銘柄

上級者になってくると、あまり人気がない銘柄や予測の難しい銘柄にあえて注目したり、一度の取引量を増やしたりすることで、場合によっては一気に利益を上げられる可能性もあります。

ただし、それは同時に大きなリスクです。

基本的に、上級者の場合はどの銘柄を購入すべきかという単純な問題よりも、レバレッジの限界値の見極めやリスク分散、先物取引市場に対する幅広いアプローチが重要となってきます。

また、近年になって登場してきた仮想通貨といった、新しい金融商品に対する先物取引に意識を向けることなども有効です。

商品先物取引のルーツは日本!?先物取引の世界は常に変化している!

実は、日本こそ商品先物取引のパイオニアといわれています。

江戸時代初期、諸大名は農民から徴収した米を蔵に保管し、それを商人に販売していましたが、やがて商人らは米の管理も任されることになり、「蔵元」と呼ばれるようになりました。

そして蔵元は米商人らに対して「手形」を発行し、それらは米の代わりに取引されるようになり、中には差金取引を目的に米手形の売買を行う商人も現れました。

その後、現物でなく米手形での取引は米市場を不安定にするとして、幕府が米手形の売買を禁止したものの、米商人による米手形取引は大阪の堂島で継続され、1730年には堂島に「米相場会所」が設置されて以降、1939年に政府が廃止するまで米の転売買が公認されていました。そのため、堂島は先物取引発祥の地とも呼ばれています。

このような歴史背景を持つ堂島において、2019年7月16日、大阪堂島商品取引所はついに農林水産省に対して、米の試験上場期限である2019年8月7日を前に「コメ先物の本上場」を申請すると発表しました。

結果的に、農水省が米について本上場の認可基準を満たしていないという見解を示し、大阪堂島商品取引所は申請を取り下げて試験上場の期間延長へ方針を転換しましたが、このように先物取引に関する市場には常に新しい変化や活動があり、今後も目が離せません。

ドバイ原油

原油を消費する経済圏は大きく分けると北米、欧州、アジアの3つ。

北米ではニューヨーク商品取引所の原油価格が中心となって、周囲の原油価格に影響を与えます。

欧州ではロンドン国際石油取引所が、アジアではシンガポール店頭取引が中心となり、それぞれの経済圏の原油価格に影響を与えています。

東京商品取引所の原油価格はアジア経済圏に含まれるため、シンガポールの価格に追随する形で変動します。これに加えて、為替相場も原油価格の主な変動要因に。

なお北米、ヨーロッパ、アジア、いずれの経済圏であったとしても、それぞれの原油価格が大きく乖離することはなく、おおむね同じような動きになります。

2019年9月の原油高

2019年9月17日、中東産ドバイ原油の価格が急騰し、約4ヵ月ぶりの高値を記録しました。取引の中心となっている11月限月の原油価格は1バレル66.40ドルを付け、前週末に比べて約14%の高騰となりました。

原油急騰の背景

この原油価格の背景にあったものが、サウジアラビアの国営石油会社「サウジアラムコ」への無人機攻撃。14日、何者かにより同社の生産工場が無人機攻撃を受け、日量にして約570万バレルもの原油生産がストップしました。570万バレルは、世界の石油供給量の5%を超える量に相当します。

無人機攻撃により工場は大きなダメージを負ったものの、当初はサウジが豊富に持つとされる原油の在庫、および他の工場での増産の余力も期待され、原油価格には急激な変化が見られませんでした。

ところが無人機によって攻撃を受けたのが、サウジ国内でも要とされている施設であることが伝わると、徐々に生産能力への懸念が拡大。流通量の引き締めが予測され、結果として原油価格の急騰へとつながりました。

金の価格も上昇

サウジアラビアの工場を攻撃したとして犯行声明を出したのは、親イラン派のフーシと呼ばれる武装組織でした。この犯行声明をきっかけに、イランとサウジとの敵対関係、およびアメリカとイランとの対立関係が改めて鮮明化。中東における地政学的リスクが一気に上昇し、有事に強いとされる金の価格も上昇しました。

アメリカ大統領の発言で事態は収束方向へ

一時は緊張状態に入った中東情勢でしたが、トランプ大統領による備蓄石油の放出可能性への言及、および、アメリカによるイランへの攻撃可能性がないことなどから、ほどなく原油価格は安定。一時的に高値を付けた違和感のある日足チャートが残る格好となりました。

ゴム

ゴムは日常生活にも多く見られる素材ですが、とくに自動車や航空機などのタイヤでの需要が多くなっています。

国内でのゴムの生産はなく、すべてが輸入に頼っています。タイ、マレーシア、インドネシアの3国が主な輸入先です。

一般に市場で取引されるゴムは3種類。このうち東京市場ではRSSと呼ばれるシート状のゴムの売買を前提に、先物が取引されています。

一般大豆

世界中の食卓で大豆は主流食材の1つとなっていますが、日本では桃山時代から大豆は和食の中心食材のとして定着しました。

味噌や醤油、豆腐など、日本の食卓に欠かせない食品の原料となるばかりでなく、近年はその栄養価の高さから、中国をはじめ世界中で需要が増しています。

大豆価格の最大の変動要因は、大豆の最大産出国であるアメリカの作柄によるところが大きいと言えるでしょう。なので、その年のアメリカの天候が価格要因に大きく影響を与えてきます。

また近年では南米の大豆生産量も激増しているため、南米の作柄にも注目しておきましょう。

小豆

取引所では「しょうず」と読みますが、もちろん「あずき」のこと。和菓子には欠かせない食材であることから、日本は世界最大の小豆消費国となっています。

小豆の生産地は主に北海道。近年、和菓子離れの影響から徐々に作付面積は減っていました。

しかし、小豆を洋菓子に利用するメーカーも増えたため、作付けの減少には歯止めがかかると見られています。

主な価格変動要因は北海道における生産量です。なので、その年の北海道の天候に左右されます。

北海道の天候はとても予測が難しいとされているため、小豆の価格の予測も難しいと言えるでしょう。

とうもろこし

私たちが食べているのは国内産のとうもろこしがほとんど。

しかし、とうもろこし全体の消費を見ると、直接食卓にあがる量は3割程度しかなく、7割は飼料用、つまり家畜のエサとして消費されています。

国内では家畜のエサまで賄えるほどの生産量はないため、全体の消費の大部分は輸入に頼っている状況です。

価格に影響を与えるのは、とうもろこしの主要な生産地である、アメリカのコーンベルト地帯の作柄。農作物であるため、天候の影響は逃れられません。

また輸入が大半である以上、為替相場や輸送賃料、原油価格などの動向にも常に注意を払う必要があります。

粗糖

粗糖とは、簡単に言えば砂糖のこと。もちろん、世界中で多くの需要があります。原料の8割はカンシャ(=さとうきび)、2割はテンサイ(=砂糖大根)。カンシャは熱帯・亜熱帯地域で生産され、テンサイは温帯地域で生産されます。

主な生産地であるインドやブラジルで天候に異変があると、価格に大きな影響を与えます。また、主要な生産地域は国の政策の影響が強い地域でもあるため、価格を予測するときは、その国々の政治動向にも気を配らなければなりません

大阪堂島商品取引所の上場商品

大阪堂島商品取引所の各上場商品について、特徴などを解説します。東京商品取引所の各上場商品で紹介したものは省きます。

東京コメ・大阪コメ

主にコシヒカリ、ひとめぼれ、ヒノヒカリの3種が、国内のコメの5割を占めています。よって、価格変動要因としては、それぞれの品種の作柄がもっとも大きくなるでしょう

ただ、コメは島国である日本人の命をつなぐ最重要な食材であることから、不作にならないよう、長年栽培の研究と開発が進められている作物でもあります。

そのためコメの供給においては、おおむね安定的な価格、安定的な供給が実現しています。

コーン75指数

東京商品取引所、大阪堂島商品取引所、シカゴ商品取引所のとうもろこし、シカゴ商品取引所の豆油かす、以上4つの約定値段を指数にして現したもの。

指数だけの取引になるので、現物の受け渡しはありません。主に、とうもろこしの価格変動要因を観察しておく必要があります。

冷凍えび

一般にブラックタイガーと呼ばれるもので、スーパーなどでもよく見かける品種。外食産業でもブラックタイガーは主要な冷凍えびの一つとなっています。

日本は多くの冷凍えびを輸入に頼っていますが、主流はやはりこのブラックタイガー。全体の3割を占め、アメリカと2大消費国に並んでいます。

輸入先のほとんどは、インドネシア、タイ、インド、ベトナム。養殖されてから3~4ヶ月を経て、夏に漁獲のピークを迎えます。

先物取引は日経平均株価なども対象

ちなみに既述のように、金や原油、ガソリン、トウモロコシなどの商品先物市場のイメージが浮かびますが、実は株式市場にも先物取引があります。

代表的な例が、「日経225先物」「TOPIX先物」などです。何らかの株式指数が先物取引の対象とされます。

以下、株式市場の先物商品が対象としている指数を確認しておきましょう。

■日経平均株価

東証1部企業の中から選定した225社の株価をもとに、日経新聞社が指数化したもの。

■TOPIX

東証1部に上場しているすべての企業の株価を指数化したもの。

■東証REIT指数

東証に上場しているREIT(不動産投資信託)の価額を指数化したもの。

■東証マザーズ指数

東証マザーズに上場するすべての企業の株価を指数化したもの。

■日経平均VI

日経平均に対する将来への投資家の心理(不安や楽観)を指数化したもの。

■TOPIX Core 30

東証1部に上場する企業のうち、優良をされる30社の株価を指数化したもの。

■NYダウ

ニューヨーク証券取引所に上場する企業の中から、ダウ・ジョーンズ社が選定した30社の株価を指数化したもの。

■FTSE中国50

香港市場に上場している企業のうち、中国本土の市場と関連性の高い中国企業の株価を指数化したもの。

■台湾加権指数

台湾証券取引所に上場する普通株式をすべて指数化したもの。

先物取引初心者講座 限界を感じたら 仙人 富田

フジトミ(公式HPへ)

フジトミ

初めての先物取引ならココ

業者の特徴は千差万別。
初心者向け業取引会社と言ったら、
フジトミじゃろう。

初心者に扱いやすい商品も揃い、
無料セミナーは毎週3日開催。

まだ取引が不安な人向けのサポ
ート体制が充実しておるぞ