おすすめ先物取引会社3選

日産証券

法人やプロ向けの先物取引会社なら

フジトミ

初心者向け、無料サポート充実の会社ではじめるなら

豊商事

顔を合わせた対面営業で相談しながらはじめるなら

先物取引が日本一よくわかるサイト

先物取引が日本一よくわかるサイト

仙人

先物取引でも初心者におすすめの金について

先物取引で取引される商品は複数ありますが、資産価値が変わりにくいものとして金があります。価格が大幅に変化する商品もある中で比較的変動幅が少なく、銘柄にも迷わなくて済むというメリットがあります。しかし商品先物取引で金を取り扱うのはなぜでしょうか?金を選択するメリットやどのような仕組みで取引されているのかご紹介します。

金を先物取引するメリット

金が商品先物取引で選ばれる理由は、主に3つあります。

  • 希少性が高い
  • 価値が変わりにくい
  • 銘柄で悩む必要がない

希少性が高い

金は総量に限界がある金属で希少価値が高いという利点があります。これまで採掘されてきた金の総量は18万トンですが、地中にある埋蔵量は約5万トンとされています。年間では3000トンのペースで採掘されていますが、採掘に大きな労力がかかることから遅く、さらに埋蔵量にも限りがあることがわかっています。そのため、安定した資産といえるでしょう。

価値が変わりにくい

金は科学的に安定しており、鉄のように錆びたり腐ったりすることがないのも特徴です。古くから金の価値が安定しているのは、こうした劣化することがないという特徴を持っていることも理由でしょう。希少価値もあることから、他の商品よりも比較的金の相場は安定しています。

銘柄で悩む必要がない

株式投資などでは、どの銘柄に投資すべきなのかをデータや基準から検討しなくてはいけません。その点、金の銘柄は非常に少なく、どの銘柄を選んでも一定の価値は保たれています。そのため、株式よりも価格相場の予想に集中できるのです。

金先物取引の仕組みや注意点

金という商品先物取引がどのような仕組みなのか見ていきましょう。加えてどのような特徴があるのかもご紹介します。

将来の売買を約束して取引する

金先物取引では、将来に金を買う(または売る)という将来における売買を約束して取引を実施。現在の段階ではなく、将来の一定期間や時期を指定する形になります。

金の先物取引は非常にシンプルで、相場が高くなっていくのか、または下がっていくのかを予測して取引を行います。価格が上昇しそうであれば「買い」、価格が下落しそうなら「売り」で取引しましょう。

先物取引では証拠金を預託して取引をスタートします。レバレッジをかけて取引できるので、証拠金よりも高額な額を取引できるのです。加えて先物取引では現物をやり取りしなくても取引が行えるので、本物の金を直接売り買いすることなく、株や為替と同じような取引が可能となるのです。

景気に左右されるリスク

比較的価格が安定している金ですが、景気に左右されるという点は考慮しておきたいリスクです。市場相場が変動することで、価格が上昇することや逆に下落する可能性は否定できません。取引を行う以上、ある程度のリスクがあることは覚えておきたいポイントです。もし損失が一定額以上の場合には、これまでに売買して得た利益以外にも追加の証拠金が必要となります。

先物取引初心者講座 限界を感じたら 仙人 富田

フジトミ(公式HPへ)

フジトミ

初めての先物取引ならココ

業者の特徴は千差万別。
初心者向け業取引会社と言ったら、
フジトミじゃろう。

初心者に扱いやすい商品も揃い、
無料セミナーは毎週3日開催。

まだ取引が不安な人向けのサポ
ート体制が充実しておるぞ