おすすめ先物取引会社3選

日産証券

法人やプロ向けの先物取引会社なら

フジトミ

初心者向け、無料サポート充実の会社ではじめるなら

豊商事

顔を合わせた対面営業で相談しながらはじめるなら

先物取引が日本一よくわかるサイト

先物取引が日本一よくわかるサイト

仙人

希少性の高いプラチナの先物取引について

商品先物取引では様々な商品が取り扱われますが、希少金属としてプラチナも注目されています。金とも比較されることがあるプラチナにはどのような特徴があるのでしょうか?先物取引の特徴と合わせてご紹介していきます。

プラチナを取引するメリット

プラチナが先物取引で注目される理由を見ていきましょう。プラチナと聞いてイメージするのは宝飾品かもしれませんが、工業でも使用されることから希少価値が高く、値段も高価になっているという特徴があります。その他にも取引としてプラチナが注目される理由があります。

金よりも少ない生産量

金よりも少ない産出量がプラチナの希少性でもあり特徴といえます。金も年間の産出量は少ないのですが、プラチナはさらに低く、金の約16分の1しか採れません。ただし希少金属として工業から宝飾品まで幅広く使われているため、需要が落ちることはあまりないとされています。

自動車産業と関係

プラチナは自動車の排ガス規制で使われる触媒でも利用されている金属です。排ガスの中の有害物質を触媒の酸化・還元反応によって無害な物質に変化するために用いられます。プラチナの世界需要の40%は触媒といわれるほど。そのため、プラチナの商品先物取引は自動車産業の動向によって大きく変動する可能性があります。

主産国の影響で価格が上下する

プラチナの供給量は南アフリカが首位となっており、世界供給全体のおよそ70%を占めています。2位はロシアで、上位2か国がプラチナの産出量のほとんどを担っているといっても良いでしょう。そのため生産状況によっては暴落や急な価格の上昇がみられるケースもあります。

金よりも流動性が低い

白金ETFが上場しており、金融市場の影響を受けやすいことが特徴です。しかし一般的に取引されることが多い金と比較をすると、流動性が低いことが注意点となります。

プラチナ先物取引の特徴

プラチナという希少金属ならではの特徴を踏まえて、先物取引の特徴を見ていきましょう。

景気に左右されやすい商品

産出量のおよそ6割が工業用となっていることから、景気に左右される傾向が強い金属です。市場が小さく、価格が乱高下しやすいことも特徴。商品先物取引の中では投機色が強めの商品といえるでしょう。資産用としても注目されていますが、レバレッジをかけて証拠金よりも高額な取引をする場合は、引き際を見極めて取引をしないとあっという間に大損になるケースも考えられます。市場の影響を受けやすくリスクがあることは覚えておきたい点です。

先物取引初心者講座 限界を感じたら 仙人 富田

フジトミ(公式HPへ)

フジトミ

初めての先物取引ならココ

業者の特徴は千差万別。
初心者向け業取引会社と言ったら、
フジトミじゃろう。

初心者に扱いやすい商品も揃い、
無料セミナーは毎週3日開催。

まだ取引が不安な人向けのサポ
ート体制が充実しておるぞ