おすすめ先物取引会社3選

日産証券

法人やプロ向けの先物取引会社なら

フジトミ

初心者向け、無料サポート充実の会社ではじめるなら

豊商事

顔を合わせた対面営業で相談しながらはじめるなら

先物取引が日本一よくわかるサイト

先物取引が日本一よくわかるサイト

仙人

商品先物会社の選び方とは?

商品先物取引を始めるにあたって、商品先物会社をどのように選べばいいのか迷ってしまいますよね。ここでは商品先物会社の選び方や取引方法について説明していきます。

商品先物を取引する方法

対面取引

対面方式の最大のメリットが、先物取引についての株のプロフェッショナルからアドバイスをもらえる点です。商品先物取引にあたって売買方針を決定するための情報をどう収集したらいいか分からないなど、先物取引の経験がない、または少ない方に最適な取引方法と言えるでしょう。

商品先物会社は、価格変動に影響を及ぼしかねない国内外のニュースやデータなどを組織的に収集・分析し、長きにわたり蓄積し管理しています。対面取引であれば、蓄積した情報に基づき、経験豊富なスタッフにより的確なアドバイスを受けることができるようです。

しかしながら対面取引は、手数料が割高という問題点があります。手数料など費用の設定は商品先物会社で異なるため一概にいくらということはできません。ただネット取引に比較すると、かなり高額です。しかし、高いからこそプロフェッショナルからの情報提供やアドバイスに価値があると言えるでしょう。プロフェッショナルのアドバイザーとタッグを組むことによって、より利益を追求しやすくなるかもしれません。

今年1月~3月東京商品取引所が開催し、実際に損益が発生するような現実の取引で収益率を競う「第2回 TOCOMリアルトレードコンテスト」では、なんと上位10名のうち4名が対面取引を利用している個人投資家とのこと。このコンテストは、売買手数料を収益から差し引き利益率を計算するため、どうしても手数料の高い対面取引は不利に思えます。しかい上位に入賞した人数を考えれば、対面取引の有効性が高い証だともいえるでしょう。そのため対面方式を一度は検討してみてくださいね。

ネット取引

ネットで取引を行う最大の魅力が時間や場所に関係なく、自分のやりたいタイミングで行うことができる点です。先物取引について知識や経験がある方や、他人にアドバイスされるのが嫌という方におすすめの取引方法です。ネット取引は、店舗を構える必要もないため取引手数料が圧倒的に安いのは嬉しいポイントでしょう。ただ、プロのアドバイスをもらうことができません。時事ネタや経済の情勢なども自分自身で全て収集し把握しなければなりません。そのため余計な精神的・身体的負担がかかってくる可能性があります。

また対面での取引の場合、夜間の取引時間はまだあるのに注文受付を終了してしまうことがあるようです。ネット取引であれば、取引所の注文受付終了時間までずっと受注しており、ほぼ24時間取引ができます。

つまりネット取引を選ぶ場合にはメリット、デメリットを踏まえ選択するかどうかを検討しましょう。

対面取引とネット取引の違い

対面取引とネット取引の違いは、簡単に言えば、洋服をどこで購入するかの違いです。たとえば店頭まで足を運べば、アパレル店員から流行りの洋服や自分に合うかどうか、着こなし方などアドバイスをもらうことができるでしょう。一方ネットであれば、自分に合うかどうかなど全て判断し購入する必要があります。しかし、その分最安値のお店から購入できるというメリットがあるでしょう。

初心者の場合、何から手を付けたらいいのか分からないと悩んでいる人も多いでしょう。もちろん、あらゆることに対しアドバイスを行ってくれる対面式を選ぶのが無難です。しかしアドバイスを受けたいと思っていても、対面取引の手数料が高すぎるという方もいるはずです。

そういう方は取引を始める前に、東京商品取引所やネット取引業者の多くが携わっているバーチャルトレードを試してみるのがおすすめです。ココを利用すれば、色々なバージョンのシナリオで商品先物取引を体験することができます。バーチャルトレードでの売買を行うことによって、自然と取引のルールや一連の流れなどを学ぶことができるでしょう。取引のシミュレーションを重ねていくうちに、投資テクニックが身につくはずですよ。

自分のスタイルにあった会社を選ぶことが大切

先物取引自体初めてで、専門家の指導やアドバイスなどのサポートを受けながら利益を追求したいと考えている場合には対面取引が最適でしょう。反対に、少しでも手数料をおさえてマイペースで先物取引をしたい場合にはネット取引がオススメです。

これ以外にも取引期間によって取引方法はいろいろあります。スキャルピングは小さな値上がりに狙いを定めて売買を繰りかえす方法、デイトレードは1日に取引を決算する方法です。これらの方法の場合には、動きも早いため比較的ネット取引の方がむいているかもしれません。一方多くの情報を仕入れたあとで、分析しながら大きなトレンドを狙うポジショントレードという方法もあります。この方法を選ぶのであれば、専門家であるアドバイザーと相談できる対面式がいいでしょう。

今の自分にどのような方法の取引が合うのかよく考えて、自分にピッタリの商品先物会社を見つけましょう。

先物取引初心者講座 限界を感じたら 仙人 富田

フジトミ(公式HPへ)

フジトミ

初めての先物取引ならココ

業者の特徴は千差万別。
初心者向け業取引会社と言ったら、
フジトミじゃろう。

初心者に扱いやすい商品も揃い、
無料セミナーは毎週3日開催。

まだ取引が不安な人向けのサポ
ート体制が充実しておるぞ