おすすめ先物取引会社3選

日産証券

法人やプロ向けの先物取引会社なら

フジトミ

初心者向け、無料サポート充実の会社ではじめるなら

豊商事

顔を合わせた対面営業で相談しながらはじめるなら

先物取引が日本一よくわかるサイト

先物取引が日本一よくわかるサイト

仙人

先物取引がマーケットを動かす理由とは?

先物取引が主導で日経平均が上昇する、などの話を聞いたことはありませんか?なぜ先物取引がマーケットに影響を及ぼすのでしょうか?ここでは先物取引とマーケットの関係性について紹介します。

そもそも先物取引とは?

先物取引とは、将来行われるだろう売買について、現時点であらかじめ約束を交わす取引のことを指します。現時点では取り合えず売買の価格や数量などを約束だけ交わし、将来約束した日になった時点で売買を実施するという仕組みです。将来の売買の価格を前もって決めておくことによって、価格変動を起こしてしまう商品の売買であっても価格変動のリスクを回避できるという利点があるでしょう。

指数先物取引

現物株の取引きを経験したことがある人であれば、一度は日経平均株価やTOPIXなどの株価指数をチェックしたことがあるはずです。株価指数とは、日経平均株価であれば日本の大手225社の平均値、TOPIXであれば東証1部上場企業すべての時価総額を対象とした指数です。

指数先物取引とは、日経平均株価などの指数を対象にした先物取引のことを指します。指数を対象とした取引になっているため、個別の株式取引よりも銘柄選びがしやすいというメリットがあるでしょう。また相場の上昇局面、下降局面でも利益を出せるチャンスが特徴的です。日経平均株価を対象にしている先物取引のことを「日経225先物」、TOPIXを対象にしている先物取引のことを「TOPIX先物」と呼びます。

たとえば株式市場で「先物主導で日経平均が上昇」というような解説があります。このセリフの意味は、まず日経225先物が購入され、そのあとを追うかのように日経平均株価が動く、ということです。つまり指数先物をチェックすれば、株式市場全体の状態を総合的に判断することができるでしょう。

先物市場は外国人投資家の割合が大きい

そもそも先物取引が主導となりマーケットを動かしてしまうのは、日経225先物取引やTOPIX先物取引市場に参加している者の多くが、国内外の投資家がメインになっているからでしょう。特に大きな割合を占めるのが外国人の投資家とされています。

もちろん現物株であっても売買代金のおよそ6割は外国人投資家なので、影響力は高いはずです。先物取引においては、さらに占める割合が大きくなり7~8割とも言われており外国人投資者による影響は計り知れないでしょう。

先物取引は非常に流動性が高いため、大きな資金元を確保しているような投資家によって希望した値段で売買されてしまいます。そのため日本株全体に関わると思われるような条件のいい材料が出るときには先物がまず買われ、悪材料が出れば真っ先に売られるはずです。つまり先物取引にはプロであっても難しい取引と言えるでしょう。

株取引との違いとは?

売りからスタートすることが可能

先物取引の場合、相場が上昇するだろうと予測したときには株取引と同じように「買い」からスタートします。反対に相場が下降するだろうと予測したときには「売り」から取引をスタートすることが可能です。「売り」からスタートした場合、洋装していた通り相場が下降に動けば、買戻すことによって利益が得れます。しかし予想とは異なり、相場が変動した場合、損失が発生してしまうでしょう。

取引期間が決まっている

株取引を行う場合には、取引先の企業が倒産しなければ、株式をいつまでも保有しておけます。一方、先物取引であれば取引の期日が定められているのが特徴的です。そのため先物取引なら期間内であればいつでも売買可能ですが、期限が訪れることで自動的に決済されてしまいます。

倒産リスクが避けられる

株取引の場合、投資した企業が倒産するリスクも事前に考えておく必要があります。日経225やTOPIXなどの株価指数を対象としている取引では、個別の銘柄が対象ではありません。そのため倒産リスクを避けることができるでしょう。テレビや新聞、ネットなどのニュースでも報道されているため、相場水準の把握も簡単に行えます。

決済は差金の受け渡し

差金決算とは「買い付けや売り付けを約束したときの先物価格」と「決済時点での先物取引価格」の差額のみの受け渡しをおこなう決済方法です。つまり株取引のように売買のたびに株券や代金を受け渡しするのではなく、売買によって生じた損益のみの受け渡しを行います。

証拠金が必要

株取引を行う場合、当然ですが資金が必ず必要です。しかし一方、先物取引は株取引の信用取引と同じように、「証拠金」である担保を差し出すことで取引を行います。つまり証拠金よりも大きな金額で運用ができるのも先物取引のメリットと言えるでしょう。このような仕組みのことを「レバレッジ効果」と呼び、たとえば元本100万円に対し10万円の証拠金で取引を行う場合は、レバレッジは最大10倍となります。

しかし「レバレッジ効果」は損失のときであっても同じです。相場の予想が外れてしまい損失が拡大することもあるでしょう。そのため前もって多めに資金を用意するなど、適切な運用を行うことが重要です。

参加者は2種類に分類できる

先物取引の参加者は「ヘッジャー」と「スペキュレーター」の2つに分類されます。ここではヘッジャーとスペキュレーターについて紹介します。

ヘッジャー

ヘッジャーとは、現物株に対する将来の不安要素を少しでも取り除くことを目的に先物取引市場の参加者を指します。先物取引のヘッジには、買いと売りのヘッジがあるのも特徴のひとつです。

スペキュレーター

価格変動するのを利用し、利ザヤを行う取引を「スペキュレーション」です。このスペキュレーション取引を行う市場参加者のことを「スペキュレーター」と言います。先物市場においては、ヘッジャーよりもスペキュレーションのほうが一般的でしょう。

大量な売買の多くは、スペキュレーションの一つ「アービトラージ」が中心になっています。先物同士や、先物と現物株のサヤ取引を意味し、価格の歪みが生じたばあい割高な方を売り、割安な方を買います。その後で両者の価格差がなくなった時、反対の売買を行うことで利ザヤを稼ぐ方法です。外国の投資家による影響も大きいでしょう。

先物に注目する理由

先物取引を行っている市場は、現物株にも多大なる影響を与えていると言われています。現物株しか取引をしないから関係ないと、いうことはできないはずです。先物市場の動きにも目を向けることによって、新たな発見をするかもしれません。今現物株で取引をしているのなら、先物取引も必ずチェックしましょう。

先物取引初心者講座 限界を感じたら 仙人 富田

フジトミ(公式HPへ)

フジトミ

初めての先物取引ならココ

業者の特徴は千差万別。
初心者向け業取引会社と言ったら、
フジトミじゃろう。

初心者に扱いやすい商品も揃い、
無料セミナーは毎週3日開催。

まだ取引が不安な人向けのサポ
ート体制が充実しておるぞ