先物取引が日本一よくわかるサイト

先物取引が日本一よくわかるサイト

仙人

先物取引の注文方法

ここでは先物取引の注文方法を解説しています。

基本的な注文方法~指値と成行~

先物取引の注文方法は大きく分けると、「指値(さしね)」と「成行(なりゆき)」に分かれます。

指値(さしね)

「500円で買う」というように、価格を指定して注文する方法です。

これは「どうしても今その商品が欲しい人」ではなく、「その価格でなければ買いたくない人」が使う注文方法。

指値は、指定した価格にならないと買えないので「せっかく注文を入れたのに買うことができなかった」というケースがよくあります。

成行(なりゆき)

「いくらでもいいから今すぐ買う」というように、価格を指定せずに注文する方法です。

注文を出したらすぐに買えますが、自分が希望する価格で購入することはできません。「どうしても今その商品が欲しい人」が使う注文方法です。

買ったものを売る「決済」の時も、「この価格で売る」と金額を指定する指値と、「いくらでもいいから今すぐ売る」成行に分かれます。

指値と成行を応用した注文方法~ストップとストップリミット~

基本的な注文方法の指値と成行を応用した注文方法があります。それが、「ST(ストップ)」と「STL(ストップリミット)」。それぞれの方法を見ていきましょう。

ST(ストップ)

損失額が大きくならないように、指定した額まで価格が下がったら自動的に注文が出る方法

たとえば500円で買ったものが490円、480円と、どんどん値下がりしてきたとします。470円を限界ラインとして指定しておくと、価格が470円まで下がったら「成行」で注文が出ます。成行ですから、売却は成立しやすいです。

しかし、注文が市場に流れてから、実際に売買が成立するまでのタイムラグで価格が変動し、指定したよりも安い値段で売却成立してしまうかもしれないリスクがあります。

STL(ストップリミット)

同じく限界ラインで自動売却が出る注文方法ですが、ストップと違い「成行」ではなく「指値」で注文が出ます。

上で紹介した例で言えば、470円まで下がった瞬間に売り注文が出ますが、数秒間のタイムラグの間に、また480円まで戻っていた場合、売却は成立しません。ストップと比べて条件が二重になる分、売却は成立しにくくなります。

これらのほかにも、業者によってさまざまな注文方法があります。まずはこのよく使われる4つの方法を覚え、なれてきたら他の方法も学びましょう。

先物取引で失敗しないために初心者が必ずチェックすべきポイント

先物取引初心者講座 限界を感じたら 仙人 富田

フジトミ(公式HPへ)

フジトミ

初めての先物取引ならココ

業者の特徴は千差万別。
初心者向け業取引会社と言ったら、
フジトミじゃろう。

初心者に扱いやすい商品も揃い、
無料セミナーは毎週3日開催。

まだ取引が不安な人向けのサポ
ート体制が充実しておるぞ