先物取引が日本一よくわかるサイト

先物取引が日本一よくわかるサイト

仙人

取引時間

ここでは、日経225先物と東京商品取引所の取引時間や、夜間取引であるナイトセッションの活用法について解説しています。

日経225先物の取引時間

取引時間は次のとおり。

  • 【日中】9:00~15:15
  • 【夜間】16:30~翌3:00

日経225先物では、日中の取引のことを「日中立会」と言い、夜間の取引のことを「夜間立会(ナイト・セッション)」と言います。

かつて日経225先物には日中立会だけしかありませんでした。ところが、市場を取り巻く環境の変化や投資家の要望もあり、2007年にイブニングセッション(夕場立会)が開始され、さらに2011年にナイトセッションが始まりました。

なお、ナイトセッションでの取引は、翌営業日に行った取引として扱われるので、受渡日には注意が必要です。

個人投資家がナイトセッションを活用する方法

ナイトセッションは、個人投資家でも十分に有効活用することができます。

昼間は仕事で投資活動ができない方

かつて日中立会しかなかった時代は、昼間に仕事をしている人たちはほとんど取引ができませんでした。

しかしナイトセッションが開始されてからは、仕事が終わってからでも取引に臨めるようになったので、多くの人が利用できるようになりました。

リスクヘッジ(損失回避)で活用する

日中の取引で日経225の「買い建て」を入れたとします。しかし、夜間になってから海外で何らかの経済イベントがあり、相場の大暴落が始まったとしましょう。

このようなときには、すぐに「両建て」(同じ日経225の売り建てを入れる)をしたいところ。「買い建て」は暴落すると損失を生みますが、「売り建て」は暴落すると利益を生みます。両建てをしていれば、損失と利益が常に同じ幅で動くことになるので、相場がどちらに動いても損失は変わらず一定にできます。

この両建てをナイトセッションで行うことが可能なので、リスクベッジの回避に利用できるというわけです。

商品先物取引の立会時間

東京商品取引所の取引時間は次のとおり。

  • 【日中】9:00~15:30
  • 【夜間】17:00~翌4:00

商品先物取引も、もともとは日中立会しかありませんでした。

しかし、商品市況をめぐる環境の変化や投資家ニーズに応える形で、2008年の立会時間変更を皮切りに、何度かの変更を経て2014年から現在の立会時間となりました。

商品先物取引の夜間取引も、日経225先物と同じように利用できます。昼間に取引のできない人たちや、昼間の取引のリスクヘッジをする人たちにとって、夜間取引は必要不可欠なものでしょう。

先物取引で失敗しないために初心者が必ずチェックすべきポイント

先物取引初心者講座 限界を感じたら 仙人 富田

フジトミ(公式HPへ)

フジトミ

初めての先物取引ならココ

業者の特徴は千差万別。
初心者向け業取引会社と言ったら、
フジトミじゃろう。

初心者に扱いやすい商品も揃い、
無料セミナーは毎週3日開催。

まだ取引が不安な人向けのサポ
ート体制が充実しておるぞ