おすすめ先物取引会社3選

日産証券

法人やプロ向けの先物取引会社なら

フジトミ

初心者向け、無料サポート充実の会社ではじめるなら

豊商事

顔を合わせた対面営業で相談しながらはじめるなら

先物取引が日本一よくわかるサイト

先物取引が日本一よくわかるサイト

仙人

先物取引でよくあるトラブルが起きる理由は何?

このページでは、先物取引でトラブルが起きる原因やよくある先物取引のトラブルを紹介しています。

先物取引でトラブルが起きる原因とは?

先物取引とは、将来行われるはずの売買に関して、現時点での価格を約束する取引のこと。そのため、現時点での条件と売買をする時点での条件が異なる可能性をはらんでいます。

その条件の異なりこそが、トラブルに発展してしまう一因です。また、一定のリスクがあるという他にも、以下の点からトラブルに発展することがあります。

取引自体にリスクがある

先物取引は、取引自体にリスクがあります。先物取引では取引額の3%から10%ほどの証拠金を元に、多額の取引を行えるためです。

これはレバレッジと呼ばれるもの。レバレッジをかけることで、元手よりも大きな金額が扱える仕組みです。利益がある時は良いのですが、値動きによっては証拠金が無くなるだけでなく、損失を被る危険性もあります。

レバレッジが大きければ大きいほど、ハイリスクハイリターンとなるので、取引自体にリスクがあります。

「客殺し商法」をしている可能性がある

「客殺し商法」は必ず儲かるといううたい文句で勧誘し、様々な違法行為を駆使して、手数料稼ぎを行う方法のことです。甘言につられてしまうと、悪質な業者に引っかかってしまう可能性があります。

悪質会社は手数料などで会社の利益を上げながら、顧客に過大な取引をさせて証拠金をつぎ込ませます。顧客の資金が無くなるまで続くこともあるため、取引業者選びには気を付けましょう。

心理状態が悪い時に取引してしまう

先物取引というリスクがある取引をしている時には、心理状態もリスクの要因となるでしょう。

取引し始めのころは、慎重に金額を管理していても慣れてしまうと管理が甘くなることがあります。また、マイナスが続いているとつい取り返そうとして、冷静な判断ができないこともあるでしょう。そうしたメンタルの状態も、取引に影響をあたえる一因です。

先物取引のトラブル例

先物取引でのトラブルになりやすい例を見ていきましょう。

断定的に儲かると話をして契約

顧客に対して、先物取引の危険性を説明せずに、取引を持ち掛けるのはNGです。

消費者契約法4条1項、商品取引法214条1号などで、「断定的判断を提供し、又は確実であると誤認させるおそれのあることを」告げることが禁じられています。

契約前の段階で「必ず儲かる」と言われた場合、それは法律違反をしている証拠。営業マンの儲かるという趣旨の内容を信じてしまうと、後にトラブルになることもあります。

こうしたトラブルを避けるために、口頭で説明を受ける際には録音しておく、その場で契約せずにいったん考え直してから契約するといった方法を取りましょう。

両建てをさせようとしてくる

両建ては、将来の売る商品と買う商品の両方を購入する取引です。売る商品なら売玉、買う商品なら買玉を建てると表現します。

つまり、売る方にも買う方にも取引ができ、一方で利益があれば、他方で損失が出ます。

注意したいのは、登録外務員から両建てを勧めることは法令で禁じられていること。つまり、それだけリスクが高く運用が難しい手法なのです。また、限られた資金で売りと買いの両方を持つことになるため、どちらかが大きな含み損を抱えた場合、維持証拠金の余裕が無くなるおそれもあります。

手数料を必要以上に取る

先物取引では、売買で手数料がかかります。

取引業者は、この手数料によって利益を得ているため、取引回数が多いほど利益が生まれる仕組みです。

悪質な業者の場合、手数料を儲けようと執拗に取引を迫ってくることが考えられます。そうした言葉に惑わされないように、先物取引の取引業者選びはもちろんのこと、知識もきちんと付けておきましょう。

自己玉

自己玉とは、顧客からの注文ではなく、自社が売買として持っている売買建玉のことを指します。

これは、顧客が売玉を立てた際に、同数の買玉があると、証拠金を商品取引所に預けなくてもよいという制度があるためです。

この制度に関しては、契約の際に説明義務があるのですが、悪質な業者の場合はそういった説明を行わず、客が損をするような取引を持ち掛けるのです。

例えば、客が売玉で損を出し続けてしまった場合、業者は逆の買玉を持ち、利益を得られます。こうしたトラブルにならないためには、事前の説明をきちんとしてくれる業者かを見極めることです。

執拗な先物取引の勧誘

先物取引は、仕組みが複雑であることの他にも、投資額以上の損失が出る可能性もあることから、ハイリスクな取引です。

そこで、取引に興味が無いことを伝えたのに勧誘することは、法律で規制されています。はっきりと断らないのであれば、業者も勧誘を続けてきますので、注意が必要でしょう。

直接断るのが難しい、どこかに相談したいといった場合には消費生活センターの消費者ホットラインが電話相談窓口を紹介してくれます。

先物取引でトラブルにならないように知識を付けよう

先物取引は、ハイリスクハイリターンの取引です。

取引を始めようと考えている方は、仕組みや取引のスキルなどをある程度身に付けてから契約するようにしましょう。また、いちばん大切なのは信頼できる取引業者を選ぶこと。当サイトでは、おすすめの取引業者を紹介していますので、ぜひ検討してみてくださいね。

先物取引初心者講座 限界を感じたら 仙人 富田

フジトミ(公式HPへ)

フジトミ

初めての先物取引ならココ

業者の特徴は千差万別。
初心者向け業取引会社と言ったら、
フジトミじゃろう。

初心者に扱いやすい商品も揃い、
無料セミナーは毎週3日開催。

まだ取引が不安な人向けのサポ
ート体制が充実しておるぞ