おすすめ先物取引会社3選

日産証券

法人やプロ向けの先物取引会社なら

フジトミ

初心者向け、無料サポート充実の会社ではじめるなら

豊商事

顔を合わせた対面営業で相談しながらはじめるなら

先物取引が日本一よくわかるサイト

先物取引が日本一よくわかるサイト

仙人

アステム

創業から55年以上続いている、歴史のある商品先物取引業者、アステムについて調べました。取り扱っている商品や特徴、評判などをまとめています。

商品先物取引で評判のアステムをチェック

アステムは、55年間対面取引のみに特化した取引業者です。大阪に社屋を構え、地元密着型の営業活動を展開しています。

対面専門の取引業者

アステムのサイト画像日本商品先物取引先物取引の公式HPを見ていると、先物取引業界では新しい取引業者ができている一方で、先物取引業務を取り扱わなくなった、会社が解散したなどの理由で消えている取引業者も多く存在することが分かります。

そのような中、55年以上もの間会社として存続するのは容易なことではありません。社屋のある大阪で地元密着型の営業活動を展開していますが、先物取引という業界の性質上、いくら顧客と仲良くなったとしても結果が出なければ会社が存続できないことは容易に想像がつきます。

長い歴史で終わることなく存続しているという点は検討の際に考慮するべき点ではないかと思われます。

対面専門の取引業者

アステムは、創業以来対面取引を専門としています。現時点(2020年1月)の時点でもオンライン上でのネット取引は行っていません。

対面取引というと昔ながらの方法、というイメージを持っている方も多いのではないかと思いますが、実際には多くの方が利用している取引方法です。とりわけ初心者がスタートする場合、先物取引の基礎的な部分や見落としがちな部分の情報を積極的に提供してくれるのが強みです。

ネットでの取引は手数料も安くなりがちですが、情報は全て自分で収集しなければいけませんので、その分の情報収集を代行してくれているという風な考え方をすれば非常に有用な取引手法です。

アステムは対面取引のみですが、裏を返せばこれだけネット取引が活発な中で対面取引のみで続けていくことができているという事実は、とりもなおさず顧客への情報提供や相談によって信頼を得てきているという一つの証明だと言うことができるかもしれません。

取扱商品が多い

アステムは、同規模の会社に比べて取扱銘柄が多いことも特徴です。スタンダードな金などの貴金属から、ローリーガソリンスワップなどの銘柄も取り扱っています。

また、東京商品取引所だけでなく大阪堂島商品取引所の銘柄も扱っているため、秋田こまちや米国産大豆、粗糖などを扱うことができるのも大きな特徴と言えます。

損失限定取引「スマートCX」を取り扱っている

損失限定取引「スマートCX」とは、初期投資資金以上の損失が発生しない取引です。通常であれば先物取引の最大のリスクは初期投資以上に資金損失が出るという点です。

しかし、このスマートCXはあらかじめロスカット限度水準を定めていることで自動的に取引を終了させ、初期投資以上の損失を防ぐ仕組みになっています。

FXや株式投資などではよく聞く仕組みですが、先物取引にこの取引が出てきたことで、とりわけ初心者を中心に取り扱いやすいものになっています。

アステムでは、このスマートCXも取引として取り扱っているようです。

少数精鋭型の人員配置

決算資料で見る限り、アステムで働いている社員は役員を除けば22人です(2019年3月時点)。人員が少ないということはデメリットのように取る方もいますが、人数が少ないほど教育コストがかかりにくくスキルのばらつきが起きにくいことや、利益を出しやすい(人件費が大勢を占めるため)というメリットがあります。併せて、人数の少なさは問題や方針がいきわたりやすい組織を作りやすいという利点もあります。

地元密着型、55年以上存続できているということから考えると、アステムは少数精鋭型の組織である可能性が高いと考えられます。

相談が手厚い

対面取引において一番不安なのが「都合のいいことだけ言われていないか」「銘柄を押し売りされるのではないか」「売買の状況がどうなっているか不安だ」というような場合です。もちろんこれらは顧客側からすれば対応して当たり前と思われる内容ですが、それが守られていないケースも存在します。

アステムでは対面取引のみで今までやってきていることからその点には力を入れており、公式HPに日本商品先物取引協会相談センターの連絡先も掲載しています。こちらは中立の機関なので、もし会社の相談窓口での対応に問題があればそちらへ容易に連絡が可能です。

それだけ、顧客からの問い合わせには気を配っているのだということを伺うことができます。

手数料

アステムの手数料の一部を紹介します。

※全て1枚当たりの金額、片道の場合の手数料です。

東京商品取引所

  • 金:8,640円
  • 金ミニ:1,080円
  • 白金:4,968円
  • パラジウム:4,968円
  • ガソリン:4,104円
  • バージガソリンスワップ:5,400円
  • ゴムRSS3:3,240円
  • トウモロコシ:3,780円

大阪堂島商品取引所

  • 米国産大豆:1,080円
  • 東京コメ:6,480円
  • 秋田こまち:6,480円

>>他にもまだある仙人オススメの先物取引 取引会社

会社概要

会社名 株式会社アステム
所在地 大阪市中央区大手前1丁目7番31号 OMMビル8F
設立 昭和37年1月
資本金 1億円
先物取引初心者講座 限界を感じたら 仙人 富田

フジトミ(公式HPへ)

フジトミ

初めての先物取引ならココ

業者の特徴は千差万別。
初心者向け業取引会社と言ったら、
フジトミじゃろう。

初心者に扱いやすい商品も揃い、
無料セミナーは毎週3日開催。

まだ取引が不安な人向けのサポ
ート体制が充実しておるぞ