おすすめ先物取引会社3選

日産証券

法人やプロ向けの先物取引会社なら

フジトミ

初心者向け、無料サポート充実の会社ではじめるなら

豊商事

顔を合わせた対面営業で相談しながらはじめるなら

先物取引が日本一よくわかるサイト

先物取引が日本一よくわかるサイト

仙人

LINE証券

ここでは、株や先物を手軽に取引できることで人気のLINE証券についてご紹介します。取引システムの特徴や取扱商品、手数料体系、ユーザーの口コミ評判などをまとめましたので、先物取引をお考えの方はぜひ参考にしてください。

かのSNSアプリ「LINE」から生まれた証券会社

LINE証券は、多くの人たちのインフラともなっているメッセージアプリ「LINE」の系列証券会社。少額から手軽に取引できる点が特徴です。

業界に大きな旋風を巻き起こす予感

LINE証券のHPキャプチャ画像LINE証券は、LINEファイナンシャル株式会社と野村ホールディングス株式会社が、それぞれ51%と49%を出資し合って2018年に設立した会社。創業から資本金100億円を投入するなど、業界に大きな旋風を巻き起こす意気込みが強く感じられる証券会社です。

ちなみにLINE証券の「LINE」とは、多くの人たちが利用しているSNS「LINE」のこと。あたかも「LINE」を使うような手軽さで資産運用ができる、というイメージ戦略が奏功し、近年、LINE証券は口座開設者を爆発的に増やしています。

取扱商品を極端に絞り込み

取扱商品を極端に絞り込んでいる点は、他の証券会社にないLINE証券ならではの特徴。2019年11月現在では、株式300銘柄と、国内ETF15銘柄しか取り扱っていません。同時期の東京証券取引所の上場企業数が3,700社弱であることを考えると、いかにLINE証券が極端な商品の絞り込みを行っているかが理解できます。

ちなみに先物関連として売買可能な商品は、VIX短期先物のみ。「恐怖指数」と言われる、いわゆる「VIX」指数とも異なる、やや難解な投資商品です。商品内容を十分に理解して取引するようにしましょう。

LINE証券独自の「スプレッド」を上乗せする手数料体系

LINE証券では、口座開設料や口座管理料に加え、取引手数料が無料です。「取引手数料無料」と聞くとお得な感じがしますが、厳密に言えば、無料ではなくて「手数料込みの価格での取引」となる点に注意しましょう。

たとえば400円の株を購入する場合、LINE証券では、スプレッドと呼ばれる独自の手数料を加えた金額(プラス1円など)で買うことになります。逆に400円の株を売却する場合、スプレッドを差し引いた金額(マイナス1円など)で売ることになります。

ややこしい料金システムですが、取引する前に、きちんと理解しておきましょう。

いつもの「LINE」アプリから簡単に口座開設が可能

一般に証券会社の口座開設手続きは、本人確認やら資産状況の確認やら郵送物のやりとりやらと、決して容易ではありません。それに対してLINE証券は、普段お使いの「LINE」アプリから入り、最小限の手続きで簡単に口座を開設することができます。

「LINE」アプリ内のウォレットにある「証券」をタップし、「はじめる」→「口座開設(無料)」へと進みます。その後、画面上の指示にしたがって奥まで進み、口座開設の申し込み受付完了。後日、LINE証券から送られてくるハガキにあるQRコードを読めば、口座開設はほぼ完了です。

口コミ情報

LINE証券の利用者からの口コミ評判を見てみましょう。

  • ポイントを投資の軍資金に回せる!画期的です
    またったLINEポイントを投資用の資金として口座に移動することができます。その現金(ポイント?)で商品を買えば、ムダなく投資ができますよね。これ、かなり画期的なシステムだと思いますよ。今までの投資の常識からすると、考えられませんね。
  • 初心者にはとても向いている証券会社だと思います
    取引できる銘柄数は少ないのですが、国内ETFが1口から、株が1株からと、かなり少額の資金で投資をできるのはいいですね。私は利用しないかもしれませんが、投資の初心者にはとても向いている証券会社だと思いますよ。
  • 身近なLINEだから精神的には取り組みやすいかも
    資産運用って、かなり難しいようなイメージがあったんですけど、LINEがやっているということだけでも精神的なハードルがかなり下がりました。大金が必要なわけでもなさそうだし、ちょっと私も投資をやってみようかなと思います。
  • 利用者目線の使いやすい証券会社だと思います
    最初の銀行振込が面倒くさいなと思ったのですが、なんと、LINEペイからも入金ができるんですね。これはスゴい!口座開設も簡単だったし、本当に利用者目線の使いやすい証券会社だと思いました。あとは儲かれば文句ないのですが…

口コミまとめ

LINE証券が設立されたのは2018年の6月。以来、2019年12月現在で1年半の月日がたったことになりますが、まだまだ広く投資家の間に浸透したとは言えないようです。もし十分に浸透しているならば、ネット上にはたくさんの口コミが見られるはず。上記の口コミを探すだけでも大変でした。

利用者からの声を率直にシステムに反映させるなど、少しずつ進化を続けているLINE証券。この進化に比例するように、今後、LINE証券のユーザーが増えていくことが予想されます。

なお、取引銘柄の種類が少ないことに不満を示す口コミは、けっこうたくさんありました。

>>他にもまだある仙人オススメの先物取引 取引会社

会社概要

会社名 LINE証券株式会社
所在地 東京都品川区西品川1-1-1 住友不動産大崎ガーデンタワー22F
設立 2018年6月1日
資本金 100億円
先物取引初心者講座 限界を感じたら 仙人 富田

フジトミ(公式HPへ)

フジトミ

初めての先物取引ならココ

業者の特徴は千差万別。
初心者向け業取引会社と言ったら、
フジトミじゃろう。

初心者に扱いやすい商品も揃い、
無料セミナーは毎週3日開催。

まだ取引が不安な人向けのサポ
ート体制が充実しておるぞ