先物取引が日本一よくわかるサイト

先物取引が日本一よくわかるサイト

仙人

SBI証券

豊富な取引チャネルと、格安の手数料で人気を集めるSBI証券を紹介いたします。

日経225先物などで人気を集めるSBI証券の特徴

SBI証券は、日経先物225や手数料の安さで人気を集めています。

SBI証券は業界きっての最安水準の手数料が魅力

エスビーアイの画像SBI証券の取扱銘柄は、日経225先物・ミニ日経225先物・日経平均VI先物・TOPIX先物・ミニTOPIX先物・TOPIX Core30先物・東証REIT指数先物・NYダウ先物(以上指数先物)と日経225オプション・TOPIXオプション(以上オプション)です。

いずれも業界最安水準の取引手数料を誇ります。

日経225先物は1枚につき500円、ミニ日経225先物は1枚につき50円、日経平均VI先物は1枚につき400円、TOPIX先物は1枚につき440円、ミニTOPIX先物・TOPIX Core30先物・東証REIT指数先物は1枚につき46円、NYダウ先物は1枚につき900円、日経225オプション・TOPIXオプションは売買代金の0.2%、最低手数料200円です(すべて税抜き)。

取引を行いやすい手数料となっている点がSBI証券の大きな魅力です。

豊富な取引チャネル

SBI証券では、様々な取引チャネルを用意しています。

例えば、日経225関連では、PC、モバイル、スマホアプリからお取引が可能です。

PCでは月額500円を支払うことで、注文・発注がドラッグ&ドロップだけで行え、マーケットに即した投資情報が得られるHYPER SBIが利用できます。

HYPER SBIは、一度に20銘柄の相場状況が確認できるので便利と評判です。スマホをご利用の場合は、スマホアプリを利用することができます。こちらはスマホに最適化されているので各操作が便利に行えます。

日経225以外では、NYダウ先物・日経平均VI先物は、PCとモバイルで取引を行えます。同じく、TOPIX関連、東証REIT指数先物は、PCで取引が行えます。

ライフスタイルに合わせたチャネルを選べるので、便利に先物取引が行えるでしょう。

夜間もチャンス十分

SBI証券では、夜でもリアルタイムに取引できます。日経平均株価が指数となるため夜間は価格が動かないと思われがちですが、実は夜でも日経225先物取引は価格が動きます。

また、夜動く海外市況を瞬時にキャッチできるので一歩先の投資が可能です。夜もリアルタイムに取引できる点はSBI証券の魅力といえるでしょう。

口コミ情報

SBI証券で先物取引している方の、評判や口コミ情報を集めてみました。

  • HYPER SBIは充実した内容なので、お金を払ってでも使う価値があると思います。
  • 手数料が安いので初心者から上級者まで使いやすいのではないでしょうか。この点に満足しています。
  • PCのみならずスマホでも取引できるので便利です。アプリに関しても使い勝手が良いと思います。

会社概要

会社名 株式会社SBI証券
所在地 東京都港区六本木1-6-1
設立 1944年
資本金 479億3,792万円
先物取引初心者講座 限界を感じたら 仙人 富田

フジトミ(公式HPへ)

フジトミ

初めての先物取引ならココ

業者の特徴は千差万別。
初心者向け業取引会社と言ったら、
フジトミじゃろう。

初心者に扱いやすい商品も揃い、
無料セミナーは毎週3日開催。

まだ取引が不安な人向けのサポ
ート体制が充実しておるぞ