おすすめ先物取引会社3選

日産証券

法人やプロ向けの先物取引会社なら

フジトミ

初心者向け、無料サポート充実の会社ではじめるなら

豊商事

顔を合わせた対面営業で相談しながらはじめるなら

先物取引が日本一よくわかるサイト

先物取引が日本一よくわかるサイト

仙人

サンワード貿易

大手の商品先物取引業者「サンワード貿易」の特徴や口コミ評判をまとめています。

商品先物取引が評判の「サンワード貿易」とは

以下では、オンライン取引で専属の担当者がついてくれる、商品先物取引初心者におすすめな業者「サンワード貿易」の特徴について解説しています。

「話せる取引」がキャッチフレーズ

サンワード貿易のサイト画像売買自体は電話からでもオンラインからでも可能ですが、たとえオンライン専門の顧客であったとしても、一人ひとりに必ず専任の担当者がつきます。そのため、電話などで担当者に投資アドバイスを受けながら、売買自体はオンラインから、といった方法が可能です。
「電話の流れで担当者に言われるがまま、発注をお願いしてしまった」「よく考える暇もなく担当者の意のまま、取引に応じてしまっている」といった悩みも多い商品先物取引ですが、助言と発注を明確に分けた取引が行えるのです。

クラック・スプレッド取引を導入

サンワード貿易では、原油と石油製品(灯油、ガソリンなど)を同時に「売り」「買い」することで、その差額(スプレッド)を取引する「クラック・スプレッド取引」(別名:アービトラージ、ペアトレード、サヤ取り)を導入しています。スプレッド取引の中でも、この名称は原油と石油製品にのみ使用される呼び方です。
この取引では、一般的に割高な銘柄を売って、割安な銘柄を購入することで利益を得ます。

たとえば、原油とガソリンの2商品は、通常、ほぼ同様の値動きをします。それがなんらかの事情により、異なった値動きをすることがあります。
その瞬間、一方に買い注文を入れ、一方に売り注文を入れておき、両銘柄が普段のような同じ値動きに戻ったところで同時決済します。これにより、一方は損をしますが、一方は利益を出します。
この「差引によって利益が勝る」という理論がスプレッド取引です。
原油と石油製品間で行われるクラック・スプレッド取引は、利益確定手法として極めて有効であり、プロも行っている取引です。

頻繁に行われる充実の投資セミナー

大手取引業者にも負けないくらい、頻繁に投資家向けのセミナーを行っています。
たとえば、2015年10月の後半だけ見ても、「木村佳子が語る 年末年始の相場動向」「午堂登紀雄の資産運用戦略」「江守哲が商品相場、為替相場を切る!」「ウルフ村田氏登壇 投資の女神がこの秋贈る、注目の投資先!」「岡安盛男の実戦の極意!」「志摩力男氏の実践リアルトレード術!」などなど、専門家によるセミナーが10本以上組まれています。

You Tubeで先物取引講座を配信

サンワード貿易のテクニカルアナリスト、陳 晁熙氏がYou Tubeで毎週金曜日に先物取引に関する講座を配信しています。2名の女性アシスタントが初心者という設定で、陳先生に色々質問をし、陳氏が分かりやすく軽妙に相場を解説します。
この動画はHPから見ることが出来るので、先物取引に興味のある方は覗いてみましょう。

口コミ情報

サンワード貿易で先物取引をしている方の評判や口コミを集めてみました。

  • 朝まで電話受付をしてくれるというのは、とても大きな利点だと思います。また、サンワード貿易さんに出金依頼をして、担当者から止められたことは一度もないので、その点は信頼できる業者だと思います。
  • 友人の話ですが、サンワード貿易の担当者の丁寧なアドバイスに従って取引をしたら、かなり儲かったとのことです。
  • 専任の担当者がつくので、相談しながら先物取引を行うことができました。
  • さまざまな業者と取引をした経験がありますが、サンワード貿易はその中でも良い業者だと思います。儲かるか損するかは自己責任であることを自覚して、今後も先物取引を続けていきたいですね。

>>他にもまだある仙人オススメの先物取引 取引会社

会社概要

会社名 サンワード貿易株式会社
所在地 東京都新宿区下宮比町3-2 飯田橋スクエアビル7F
設立 昭和39年
資本金 10億円

ローズコモディティ ※現在は先物取引を停止

ローズコモディティは、60年間対面取引のみに特化した取引業者。また、創業以来対面取引を専門としています。強みとしては、初心者がスタートする場合、先物取引の基礎的な部分や見落としがちな部分の情報を積極的に提供してくれます。実績については過去5年間上昇。公式HPによれば平成25年度では売上高46,300万円で純利益が3,100万円だったものが、平成29年度では売上高62,200万円、純利益6,900万円となっています。

手数料

取引する商品によって異なります。ちなみに、公式HPによると最高額は、最低取引単位(1枚)当り11,664円(片道税込み)となっております。(2018年3月1日現在)

会社概要

会社名 ローズ・コモディティ株式会社
所在地 大阪市中央区南船場2丁目12番5号
設立 昭和31年5月
資本金 1億円

ローズコモディティについて詳しく見る

クリエイトジャパン

国内市場を主としている、対面専門の取引業者です。比較的手数料は高めですが、外務員という専門の担当がついており、現状の動向などについてのアドバイスをもらうことが可能です。また、公式HPでマーケット情報の更新が多いということも特徴。関連しそうな最新の世界情勢について頻繁に発信しています。

手数料

公式HPによると、商品先物取引の委託には所定の委託手数料がかかります。

サービス・対応環境

顧客の金融知識や投資経験などを踏まえ、ニーズに合わせた商品やサービスを提供しています。特にハイリスク・ハイリターンのデリバティブ取引は顧客に適しているかどうか慎重に判断し、場合によっては提案しない方針です。

対応環境:対面取引専門

金、銀、パラジウム、ゴム、とうもろこし、ガソリンなど

会社概要

会社名 クリエイトジャパン株式会社
所在地 東京都中央区銀座3-14-13
設立 平成17年8月
資本金 3億300万円

クリエイトジャパンについて詳しく見る

さくらインベスト

さくらインベストは平成22年に設立された会社で、定期的に様々なセミナーを開催するなど先物取引を行う上で質の高い情報を発信しています。個別に勉強会も行ってくれるため、自分自身の知識に合わせて投資の初歩的な知識かを学ぶことが可能です。

公式サイトには、取引に使う言葉の説明などがまとめてあるのも嬉しいポイント。専門用語を多々使う業界であるため、専門用語で躓いてしまう人もいるでしょう。少しでも分からない用語が出てきた際には、すぐに公式サイトから調べることができます。

さらに損失額を最小限に抑えることが可能なスマートCXにも対応。損失額の5%、8%、12%から選ぶことができ、メリット・デメリットに合わせて検討することができます。たとえば損失額を少しでも小さくしたいという方であれば5%に設定したほうが良いでしょう。

また、さくらインベストは東京商品取引所と大阪堂島商品取引所において先物取引が可能です。金や東京コメなどの商品を取り扱っているため、どちらの取引所で行うのか考えてみてください。

手数料

さくらインベストの手数料は次の通りです。

  • 通常銘柄:80円~
  • ミニ取引:往復108円/ロット

サービス・対応環境

CFD取引や国内商品市場取引に対応しています。スマートCXにも対応しており、思わぬ損失発生時には自動的にストップ。5%、8%、12%コースを用意しています。また、自社セミナーを通じ、情報の提供という部分でも投資家をサポートしています。

対応環境:電話注文

取扱商品:金、銀、とうもろこし、大豆、原油スポット、NY原油など

会社概要

会社名 株式会社さくらインベスト
所在地 大阪府大阪市北区梅田2丁目5番6号 桜橋八千代ビル9階
設立 平成22年10月
資本金 1億500万円

さくらインベストについて詳しく見る

IG証券

IG証券は世界中で利用者がおり、その数は19,000人以上とも言われているほどの企業です。取り扱い銘柄も豊富で16,000以上とされています。なぜ、ここまで多くの方が利用しているかというと、まずは利用しやすいというポイントがあるからでしょう。パソコンだけでなく、スマートフォンやタブレットから実施することが可能。ダウンロードは無料で、暗号化にもなっているため安心して活用することができます。チャートをチェックする以外にも、入金なども手続きも簡単に行うことが可能です。

また先物取引においてのリスクを最小限に抑えるためのリスク管理を実現。不利な価格に動いたときには、取引を中断することができます。さらに損失を確定しつつ利益を少しでも追求するトレーリングストップも取り入れているようです。

経験の浅い方や知識を増やしたい方におすすめの無料学習プログラムを実施。さまざまな内容のテーマが用意されてあるので、自身に合った内容をチェックできます。

経済カレンダーなど、チャートを読むうえで必要な情報も提供してくれるので、取引を行う上で参考にすることができるでしょう。誰しもが始めやすいようなサービスが提供しています。

手数料

IG証券の手数料は次の通りです。

手数料についての記載は見当たりませんでした。直接確認してくださいね。

サービス・対応環境

ブラウザベースのカスタマイズもできる取引プラットフォームを採用。ツールもマーケットデータや銘柄の抽出、経済イベントを即座にチェックできる便利なツールを用意しています。無料学習プログラムで取引初心者をサポートしてくれます。

対応環境: PC・スマホ・フィーチャーフォンすべて対応

取扱商品:債権、NY金先物、NY銀先物、WTI原油、北海原油、NY天然ガスなど

会社概要

会社名 IG証券株式会社
所在地 東京都港区六本木1-6-1 泉ガーデンタワー26F
設立 平成14年12月3日
資本金 1億円

IG証券について詳しく見る

豊田通商マーケッツジャパン

豊田通商マーケッツジャパンとは、豊田通商株式会社が100%出資している「Toyota Tsusho Metals Limited」から100%の出資を受けている会社です。豊田通商株式会社は日本で3本の指に入るトヨタグループの一員であり、グループの中で唯一の商社となります。そのため豊田通商マーケッツジャパンは、大手の企業がサポートを行っている会社とも言え信頼度は高いでしょう。

非鉄金属や貴金属を専門に取り扱っていますが、今後は関連のアルミ割増金やアルミナ、EV(電気自動車)関連のコバルト、リチウムといった媒介など取り扱いの商品の幅を拡大していくようです。取り扱い商品を限定しているからこそ、より高い知識でアドバイスをもらうことができるでしょう。貴金属などの投資を検討中の方には最適な会社と言えます。

セミナーも開催しており、市場の状況などについて具体的に話を聞くことができます。200名前後の参加者がいるような大きな規模のセミナーのため、さまざま投資家と交流を持つ機会にもなるでしょう。セミナーでは、ひとり一人の投資のニーズに応じたサポートを行ってくれます。しっかりサポートしてくれるので、不安に感じている部分を相談することができるのでしょう。

手数料

豊田通商マーケッツジャパンの手数料についての記載は見当たりませんでした。

サービス・対応環境

LME取引やLME平均取引、貴金属店頭デリバティブ取引など提供しています。「Toyota Tsusho Metals Limited 社」との基本契約や取引業務、入出金業務のサポート、市況情報のサポートや大規模な市況セミナーを開催しています。

対応環境:公式ページに情報がありませんでした(PCのみ/PC・スマホ対応/スマホのみ/PC・スマホ・フィーチャーフォンすべて対応、のいずれかを記載)

取扱商品:貴金属、非金属専門

会社概要

会社名 豊田通商マーケッツジャパン株式会社
所在地 名古屋市中村区名駅4-9-8センチュリー豊田ビル
設立 2013年1月
資本金 1億500万円

豊田通商マーケッツジャパンについて詳しく見る

JPアセット証券

平成20年10月に設立されており、比較的新しい企業です。しかし10年以上もの実績があり、日本証券業協会や日本商品先物取引協会に加入。

JPアセット証券は日経225の取引にも対応しており、幅広い銘柄を取り扱っています。公式サイトには銘柄ごとの手数料についても詳しく記載。つまり明確に手数料などがいくらぐらいかかるのか把握することができるでしょう。

JPアセット証券は信頼を重視した対応を心掛けているのも嬉しいところ。先物取引などリスクを伴ってしまうような投資において、信頼関係は非常に重要になってきます。サポートを行ってくれる方が信頼できなければ、投資自体投げ出してしまうかもしれません。きちんと顧客の希望に寄り添いながら、ベストパートナーとしての存在になってくれます。

また東京にて無料でセミナーも開催しており、投資に興味がある方などどなたでも参加可能です。世界情勢など様々な内容で投資の基本について教えてくれるでしょう。特に投資を初めて間もない方や投資について学びたいという方にとっては、聞きたい情報が沢山入手することができるはずです。

手数料

JPアセット証券の手数料は次の通りです。

  • 日経225 先物ラージ:1枚24,200円(片道)
  • 日経225 先物ミニ:1枚3,520円(片道)

サービス・対応環境

先物は日経225先物や日経225miniから個別の有価証券、貴金属類から農産物まで幅広く取り扱っています。先物取引の仕組みや利用方法、入門ガイドといったパンフレットを無料で提供。基礎から実務編まで東京証券取引所や大阪取引所をはじめとしてセミナーも開催しています。

対応環境: 対面営業

取扱商品:日経225、日経225mini、金、ゴム、とうもころし、ガソリンなど

会社概要

会社名 JPアセット証券株式会社
所在地 東京都中央区日本橋人形町3丁目3番13号 ユニゾ人形町フォレストビル5F
設立 平成20年10月10日
資本金 2億8,293万円

JPアセット証券について詳しく見る

auカブコム証券

auカブコム証券は、KDDIとMUFGの強みを生かした証券会社です。初めてでも分かりやすいツールが整っているほか、アプリで始値や終値のシミュレーションをすることができます。また、小口の取引きについては最低水準の手数料となっているので、安く始められるというメリットを持ち合わせています。初心者から上級者まで使える証券会社として、たくさんの人が口座を開設しています。

手数料

auカブコム証券は、指定銘柄のETFの手数料とプチ株の購入手数料は0円です。プチ株(単元未満株)については、最低手数用が48円で、約定代金の0.5%の手数料がかかります。

  • 日経225 先物ラージ:1枚300円(片道)
  • 日経225 先物ミニ:1枚38円(片道)
  • 日経225オプション:約定代金の0.2%最低手数料200円

会社概要

会社名 auカブコム証券株式会社
所在地 東京都千代田区大手町1-3-2 経団連会館6F
設立 1999年(平成11年)11月19日
資本金 71.96億円 (資本準備金 119.13億円)

auカブコム証券について詳しく見る

先物取引で失敗しないために初心者が必ずチェックすべきポイント

先物取引初心者講座 限界を感じたら 仙人 富田

フジトミ(公式HPへ)

フジトミ

初めての先物取引ならココ

業者の特徴は千差万別。
初心者向け業取引会社と言ったら、
フジトミじゃろう。

初心者に扱いやすい商品も揃い、
無料セミナーは毎週3日開催。

まだ取引が不安な人向けのサポ
ート体制が充実しておるぞ