先物取引が日本一よくわかるサイト

先物取引が日本一よくわかるサイト

仙人

日産証券(旧:日本ユニコム)

対面サービスが特徴的な日産証券をチェック。商品先物取引の手数料や利用者からの評判、会社概要などを紹介しています。

商品先物取引で評判の日産証券(旧:日本ユニコム)とは

日産証券は、50年以上の歴史をもつ商品先物取引会社。オンライントレードを切り離し、対面サービスに注力して営業をしている業者です。

対面サービスの特徴

日産証券のサイト画像日産証券の対面サービスは、平均在籍年数14年という経験豊富なスタッフが対応してくれます。熟練した分析力・提案力で、初心者にもわかりやすく説明をしてくれます。

もちろん、テクニカル、ファンダメンタルなどの投資分析の情報も提供してくれるので、じっくりと相談しながら投資を進めていくことができます。

初心者向けコンシェルジェサービス・セミナー開催も!

商品先物取引の初心者向けに、学習のための無料会員制クラブが用意されています。情報ツールやチャートシステムを利用することができるほか、著名なアナリストの分析レポートなども受け取ることができます。

口コミでの評判も高いセミナーは、初級者から上級者まで対応した多様な講座が用意されています。発注機能もあるので、どこにいても手軽に情報をチェックすることができます。

オンライン注文にも対応

対面サービスがメインではありますが、オンラインの注文も可能です。

PC、スマートフォン対応のサービスはもちろん、ガラケーでも価格情報やチャート、ニュースなどがチェックできます。

手数料

手数料は、約定や銘柄によって異なります。対面サービスの手数料の一例をあげていきましょう。

  • 金:片道1枚10,908円~(1,944円~)
  • 金ミニ:片道1枚1,236円~(864円~)
  • 原油:片道1枚3,996円~(1,944円~)

※()内はコールセンター発注の場合

投資スタイルに合わせた取引コース

日産証券では投資家さんそれぞれのスタイルにあったコースを設けており、金額や投資スタイルなどにあうものを提供しています。通常コース、ロスカットありコース、アクティブコースと大きく3つがあります。
通常コースでも先物取引とオプションの両方が投資できます。またロスカットありのコースを選択すると、あらかじめ指定した基準より悪化した場合に、自動で決済が行われるため、急激に値段が変動した時などに対応できます。また、アクティブコースでは、取引期限を設けられ、50%の証拠金で取引できる資産効率が高いコースとなっています。

使いやすい取引ツール

投資会社のツールによっては情報が多すぎて自分が使う以上の機能が入っていて煩わしく感じることもあります。
しかしながら日産証券では、操作が直感的にわかりやすい作りになっており、しかも使用料金は無料で扱えます。タブレットやスマホにも対応したソフトがそれぞれあるので、どんな場所でもどんな場面でもチェックや出来てとても使いやすいです。
先物・オプションの口座を所有していれば、無料なので、自分の端末にアプリなどをダウンロードして使ってみてください。

取引のルール

必要証拠金

取引において必要となる費用があるので、どのようなものか見ておいた方が後で安心です。必要証拠金というのは、先物取引において必要となるいわば手数料みたいなもので、値段が大きくなるとその額も大きくなっていきます。預託金と捉えることもできます。それぞれ取引において値段や割合が違ってきます。

通常コースの場合

日経225先物、TOPIX先物、JPX日経インデックス400先物においては、SPAN証拠金額×同社が定めるSPAN係数をかけた金額になります。
・日経225mini、ミニTOPIX先物日経225先物、TOPIX先物においては、10分の1をかけた金額になります。
・日経225オプション、TOPIXオプションにおいては、SPAN証拠金額と、同社が定めるSPAN係数から、ネットオプション価値の総額を引いた金額になります。

ロスカットありの通常コースやアクティブコースでも金額は違ってきますし、先物のタイプによっても違ってくるので、ここでは通常コースのみをあげましたが、情報を正しく見ておいた方が良いでしょう。

建玉上限枚数

「たてぎょくじょうげんまいすう」と読みます。建玉上限枚数とは、説明する前に、建玉というのは、聞きなれない人には何かわからないかもしれませんが、投資などの取引の際に、売買されないで残ってしまった未決済分のことを指します。建玉上限枚数とは、残った建玉は保有するのに上限額が定められているので、その額を指します。
それぞれコースによっても枚数や条件が違ってきます。よく確認してから取引を行うようにしないと後で違ったなどは受け付けないところがほどんどなので、注意が必要です。

通常コース

日経225先物(日経225mini含む)・PX日経インデックス400先物:2,000枚

TOPIX先物(ミニTOPIX先物も含む):2,000枚
・先物商品合計上限原油:2,000枚
建玉上限枚数は、ミニ換算となります。
JPX日経インデックス400先物は、ミニ銘柄として計算します。

通常コース(ロスカットあり)

日経225先物(日経225mini含む)・PX日経インデックス400先物:2,000枚

TOPIX先物(ミニTOPIX先物も含む):2,000枚
・先物商品合計上限原油:2,000枚

建玉上限枚数は、ミニ換算となります。
JPX日経インデックス400先物は、ミニ銘柄として計算します。

アクティブコース

日経225先物(日経225mini含む):2,000枚

TOPIX先物:2,000枚
・先物商品合計上限原油:2,000枚

建玉上限枚数は、ミニ換算となります。
それぞれコースに寄って微妙に違いますので、よく確認しておいたほうが良いでしょう。ちなみに建玉は預託証拠金の範囲内となります。売れ残ってからも、まだ保有できるとは考えない方が良いでしょう。制限があるので、売買を決めたら取引するようにきっちり捌きましょう。

入出金

入出金に関してもそれぞれ方法がありますので、自分にあったスタイルで取引することをお勧めします。クイック入金、通常入金、お客様ご登録金融機関へのお振込(出金)があるので、それぞれ解説していきます。

クイック入金

クイック入金は入金のタイムラグがなく、すぐに通帳に反映されるシステムで非常に便利です。24時間対応可能で、深夜や休みの日でも使えるので、平日の昼間だけというような不便な面もありません。また、振込手数料も無料なので大変お得です。
ただし、注意点としては指定されたインターネットバンキングの口座開設が条件となるので、自分の口座でやりたいという人は不向きかもしれません。みずほ銀行、住信SBIネット銀行、ジャパンネット銀行、楽天銀行、ゆうちょ銀行が対象となるので、それ用に口座を開設する必要があります。ネットバンキングを持っていると何かと便利なので持っておくと時間も短縮できますし、大変便利です。

通常入金

こちらは取引会社が指定した銀行口座ではなく、お客様それぞれの取引口座に反映されます。こちらは、入出金の反映が、取引会社の着金確認後となるため、タイムラグが発生するので、その辺りを加味して活用した方が良いでしょう。トレードツールなどから振替手続きが必要ともなるので、きちんと反映されているか確認した方がいいでしょう。

お客様ご登録金融機関へのお振込(出金)

こちらは、取引かイデャが預かり金を、それぞれの顧客ごとに登録いただいた口座に振り込むものです。
取引会社から銀行に振り込むこととなります。なので、取引会社が振り込む時間を計算しないといけませんので、すぐ反映されるというものではありません。銀行と同じような入出金の締め切り方法で、平日は15時20分までなら、翌日の営業日に完了となります。逆に15時20分を超えてしますと、翌々日の営業日に完了となってしまいますので注意が必要です。また、休日はいくら朝早く取引しても翌日になってしまうので、時間がかかってしまいます。

口コミ情報

最後に、日産証券で取引をしている方の口コミ情報をご紹介します。

  • セミナーは、とても無料とは思えない充実ぶりでした。時間があればまた参加したいと思います。
  • 過去、迷惑電話がどうのこうのという口コミを見たが、無理な営業もないし対応も良いので満足している。
  • Webサイトの情報が見やすくて使いやすいのが良いと思います。

会社概要

会社名 日産証券株式会社(旧:日本ユニコム)
所在地 東京都中央区日本橋蛎殻町1-38-11
設立 平成18年4月12日
資本金 15億円
先物取引初心者講座 限界を感じたら 仙人 富田

フジトミ(公式HPへ)

フジトミ

初めての先物取引ならココ

業者の特徴は千差万別。
初心者向け業取引会社と言ったら、
フジトミじゃろう。

初心者に扱いやすい商品も揃い、
無料セミナーは毎週3日開催。

まだ取引が不安な人向けのサポ
ート体制が充実しておるぞ