先物取引が日本一よくわかるサイト

先物取引が日本一よくわかるサイト

仙人

主なリスクの種類

仙人

先物取引だって投資じゃ。美味しい取引にはいつだってリスクが発生するものなのじゃ。しかし、安心せい!事前に、どんなリスクがあってどう回避すれば良いのかを確認しておけば、大きな失敗をすることはないゾヨ。
ここで、きちんと学んでおくのじゃぞ。

先物取引がハイリスクと言われる最大の理由

先物取引は、株式取引などに比べると、ハイリスクだと言われまる。それには様々なリスク要因があるが、最大のリスクはレバレッジじゃ。

レバレッジとは「てこ」のこと。力点に小さな力を加えることにより、作用点が大きな働きをする、というものじゃ。覚えたかの?

このレバレッジがあるがゆえに、少額の資金でも大きな利益を上げるチャンスにもなれば、大きな損失を生む要因にもなるのじゃ。

これをレバレッジリスクと言う。また、価格変動によって起こることから価格変動リスクとも呼ばれておるゾヨ。

価格変動の要因

他にも価格変動の要因になるリスクがいくつかある。一度目を通しておくと良いじゃろう。

追証(おいしょう)リスク

レバレッジを効かせて取引をする場合には、一定の担保=証拠金が必要です。評価損が膨らんでしまい、差し入れている担保では不足する状態になった場合には、追加して証拠金を入れる必要があります。

これを追証と言い、最近の証券会社では、追証が発生した当日に追加資金が確認できない場合、強制決済する例が多くなっているのです。

規制措置リスク

取引市場になんらかの異常が発生した場合、取引所の判断で、追証の率が引き上げられる規制措置が発動される場合があります。

場合によっては、証拠金を追加で差し入れなければならない事態になることも

流動性リスク

先物市場を取り巻く世界中の複雑な要因がからみ、市場において本来予想されるほどの取引量が行われなくなる(流動性が低下する)ことがあります。

市場への参加者が少なくなる、ということです。売りたくても売れない、買いたくても買えない、という状況になり、想定外の損失を出すこともあります

信用リスク

取引仲介する証券会社等の破たんによって、保有中の銘柄が決済されてしまったり、他の証券会社等へ移管されてしまうリスクです。

なお、差し入れた証拠金については、第三者機関によって全額保全されています。

システム障害リスク

取引所や、証券会社などにシステム障害が発生した場合、その間、取引ができなくなることがあります。特に、証券会社のシステム障害はハイリスクです。

その証券会社から注文を出すことができず、しかもその間、市場では無関係に取引は進んでいますが、システムが回復した時点で、思わぬ含み損を抱えている場合があります(逆もあります)。そうした場合の対応については、各証券会社に問い合わせが必要です。

多くはありませんが、数年に1度は見られる事故ですので、用心しておくことに越したことはありません。

リスクは回避できる?

このように先物取引にもリスクはたくさんある。しかしそれぞれのリスクに対して、ちゃーんと回避策もあるから安心して良いゾヨ。このサイトでも、リスク管理の方法を説明しておるから、一度目を通しておくと良い。

重要なのは、どんなリスクがあって、それをどう回避すれば良いのか学んでおくことなのじゃ。

藤田

そっか、リスクがあることと、その回避策を知っておけばいいんだね。いや~ひと安心だよ。

そういうことじゃ!!おぬしも、なかなか分かってきたのぉ。ならば次は実際に先物取引をはじめる方法を伝授するゾヨ。
先物取引は踏み入れてみないと分からないことも多い。構えず進むのじゃ。

仙人

先物取引初心者講座 限界を感じたら 仙人 富田

フジトミ(公式HPへ)

フジトミ

初めての先物取引ならココ

業者の特徴は千差万別。
初心者向け業取引会社と言ったら、
フジトミじゃろう。

初心者に扱いやすい商品も揃い、
無料セミナーは毎週3日開催。

まだ取引が不安な人向けのサポ
ート体制が充実しておるぞ