おすすめ先物取引会社3選

日産証券

法人やプロ向けの先物取引会社なら

フジトミ

初心者向け、無料サポート充実の会社ではじめるなら

豊商事

顔を合わせた対面営業で相談しながらはじめるなら

先物取引が日本一よくわかるサイト

先物取引が日本一よくわかるサイト

仙人

先物取引や日経225のニュースや動向

先物取引や日経225で結果を残すため、経済の動向やニュースに触れておきたいと考える方は多いはずです。あてはまる方に、先物取引や日経225に関係する最新ニュースなどを紹介します。資産運用の参考に確認しておきましょう。

先物取引・日経225の最新ニュース

先物取引・日経225の最新ニュースは次の通りです。

日経平均株価は軟調か

米中貿易摩擦などの影響を受けて、米国株は下落しています(2019年6月13日時点)。具体的にはダウ平均は43ドル安、26,004ドルで終えています。円が108円半ばまで回復している点は安心材料といえそうですが、買い材料より懸念材料のほうが多いため、日経平均株価は軟調に推移する可能性が高いと予想されています。

日経・東商取商品指数の配分比率の見直し

2019年6月3日に、日経・東商取商品指数の配分比率の見直しが行われています。日経・東証取引商品指数は、2002年5月31日を基準日として、東京商品取引所市場全体の価格水準を示す指数です。大きな流れを知る意味で重要な指標といえるでしょう。変更になった配分比率の一部を紹介します。詳しくは東京商品取引所公式サイトでご確認ください。

日経・東商取商品指数及び日経・東商取引近限商品指数

  白金 パラジウム ガソリン 灯油 原油 ゴム 一般大豆 小豆 とうもろこし
配分比率 29.10% 0.65% 6.27% 1.20% 16.39% 5.47% 36.22% 2.06% 0.89% 0.17% 1.58%

出典:株式会社東京商品取引所:日経・東商取商品指数の配分比率の見直しについて

政治・経済の最新情報

続いて先物取引や日経225に関する政治、経済の最新情報を照会します。

金融庁がAIでSNS監視強化

金融庁は市場での不正な取引を摘発するため、SNS(交流サイト)の監視を強化する。人工知能(AI)でやりとりを解析し、投資家をあおるような投稿で株価をつり上げ、自ら高値で売り抜けるような行為をあぶり出す。ネット上の投稿の監視はこれまで人が主体だった。AIで膨大な情報に網をかけ、投稿と株価の情報を効率的に結びつけることで不正の迅速な摘発につなげる。

出典: 日本経済新聞:不正取引摘発へSNS監視強化 金融庁、株価操作狙う投稿抽出 AIで不審な銘柄察知

不正に株価を釣り上げて高値で売り抜けるなどの行為を監視するとされています。これまでとの違いは、監視にAIを活用することといえそうです。人海戦術よりもSNS上の怪しいやり取りを迅速にキャッチできると考えられます。この仕組みがうまく機能すれば、今よりも安心して取引を行える環境が整うはずです。

先物取引初心者講座 限界を感じたら 仙人 富田

フジトミ(公式HPへ)

フジトミ

初めての先物取引ならココ

業者の特徴は千差万別。
初心者向け業取引会社と言ったら、
フジトミじゃろう。

初心者に扱いやすい商品も揃い、
無料セミナーは毎週3日開催。

まだ取引が不安な人向けのサポ
ート体制が充実しておるぞ