先物取引が日本一よくわかるサイト

先物取引が日本一よくわかるサイト

仙人

[コラム]先物取引の役割とは

このカテゴリでは、先物取引市場が世の中で果たしている役割について解説していきます。最近では、投機(ギャンブル)目的がほとんどだといわれる先物取引ですが、世の中や市場に対して重要な役割をもっています。その大きな3つの役割を紹介します。

リスクヘッジとしての役割

1つ目の役割は、リスクヘッジです。リスクを伴う価格変動が起きても、先物取引を活用していることで、経営への影響を抑えることができます。

実際には、先物取引と現物取引(実際の市場での取引)の両方を利用することが重要です。

商品価格が大きく下落したときの被害を抑えられる反面、大きく価格が上昇したときのリターンも少なくなります。

ハイリスク・ハイリターンのギャンブルのような経営ではなく、ゆるやかな成長を続ける、堅実な経営をしていくことが可能になるのです。

価格を安定させる役割

2つ目の役割は、価格の安定化です。

先物市場で作られる価格は、比較的公正で、安定しているといわれています。個人投資家や銀行、証券会社、保険会社など多くの取引者が集まり、情報のやりとりがある中で、相互監視が効いているから、という理由です。

この「監視の目」がなくなると、力のある特定の個人または企業によって、価格が不安定で、不公正になりがちだといわれています。先物取引市場という環境があるからこそ、価格について、フェアなやりとりが行われているのです。

最近の先物取引は、投機(ギャンブル)目的の人が多くなったといわれていますが、本来は、このように価格を安定させることが目的です。

公的な取引所は大阪の堂島が世界初で、当時はお金ではなく、お米で取引されていたそうです。

需要と供給のバランスをとる役割

3つ目の機能は、需要・供給バランスの調整です。このバランスが崩れると価格が変動しやすくなります。

本来、あらゆる商品は、さまざまな要因で価格が変わりやすいものです。

たとえばガソリンは、原材料である原油価格の影響を大きく受けたり、ほぼ100%輸入に頼っているので、為替相場の影響を受けたりします。また、日本食になじみの深い大豆は、気候や病害虫の影響を受けやすい食品です。

需要と供給のバランス調整をしながら、このような影響を最小限に抑えるのも、先物取引の役割のひとつです。

リスクヘッジ

「[コラム]先物取引の役割とは」のひとつとして、経営におけるリスクヘッジを取り上げます。日々、変動を見せる商品価格。現物取引にくわえて先物取引を併用することで、なぜ経営を安定させることができるのか。その理由を探ります。

⇒リスクヘッジ

価格の安定

ガソリンなどに代表される、私たちにとって身近な商品。これらを安定した価格で日々購入するため、先物取引は重要な役割を果たしているのです。私たちの私生活においても大きな効果を生み出す商品先物取引の特性を、具体例と共に見ていきましょう。

⇒価格の安定

需給バランスの調整

商品の価格の多くは「需要と供給のバランス」によって決まっています。先物取引には、このバランスを調整し市場の均衡を保つという、大きな役割も持っているのです。また、地域による価格差をも解消する仕組みをチェックしましょう。

⇒需給バランスの調整

先物取引で失敗しないために初心者が必ずチェックすべきポイント

先物取引初心者講座 限界を感じたら 仙人 富田

フジトミ(公式HPへ)

フジトミ

初めての先物取引ならココ

業者の特徴は千差万別。
初心者向け業取引会社と言ったら、
フジトミじゃろう。

初心者に扱いやすい商品も揃い、
無料セミナーは毎週3日開催。

まだ取引が不安な人向けのサポ
ート体制が充実しておるぞ