先物取引が日本一よくわかるサイト

先物取引が日本一よくわかるサイト

仙人

需給バランスの調整

需要と供給のバランスは、商品価格を決める大切なものです。先物取引の市場を通して、このバランス調整が行われ、私たちや企業の活動にも影響を与えています。

大切な需給バランスを調整する働き

リスクヘッジ、価格の安定化につぐ先物取引3つ目の役割、それは需要と供給のバランス調整です。市場価格は、需要量(市場が求めている量)供給量(市場に出される量)によって決定されます。市場価格がさまざまな要因で変動しても、両者がうまくバランスをとってくれるしくみになっています。

たとえば、あなたがリンゴ農家だとします。

豊作によって、価格が下がった場合を考えましょう。この状態は、供給量が多く、需要量が少ないので、需要と供給がアンバランスといえます。そこで、あなたは多すぎる供給量を減らします。一方、消費者にとっては、価格が安いと購買意欲が高くなるので、需要量は増えます。このように、少しずつ供給量は減り、需要量は増えていきます。両者が同じくらいの量になったところで、バランスが保たれ、価格も落ち着きます。

価格が上がった場合、逆の動きになります。この状態も、供給量が少なく、需要量が多いので、両者はアンバランスです。そこで、あなたは供給量を増やします。一方で、消費者は買い控えをするので、需要量は減ります。少しずつ供給量は増え、需要量は減っていきます。同じくらいの量になったところで、バランスが保たれ、価格は落ち着きます。

いわゆる需給バランスの均衡といわれる動きです。個人投資家や機関投資家など、個々の動きが注目されがちな先物取引ですが、俯瞰してみると、このような役割を果たしているのです。

地域間の価格格差も解消できる

同じ商品にもかかわらず、地域によって商品価格に差が生まれることがあります。あるところでは高値で取引されていて、別のところでは安値で取引されている、というケースです。先物取引が行われることで、この地域の格差を解消することができます。

商品先物取引所で価格の相場が発表されている、ということが、価格の地域格差が解消される理由です。ある商品の価格の相場がわかることで、高値の地域では売り注文が増え、安値の地域では買い注文が増えることになります。この情報共有と働きによって、少しずつ両者の差が縮まり、バランスのとれた価格が作られていくのです。

先物取引初心者講座 限界を感じたら 仙人 富田

フジトミ(公式HPへ)

フジトミ

初めての先物取引ならココ

業者の特徴は千差万別。
初心者向け業取引会社と言ったら、
フジトミじゃろう。

初心者に扱いやすい商品も揃い、
無料セミナーは毎週3日開催。

まだ取引が不安な人向けのサポ
ート体制が充実しておるぞ