先物取引が日本一よくわかるサイト

先物取引が日本一よくわかるサイト

仙人

気になる先物取引の歴史を紐解いてみました

先物取引って何?

先物取引と聞いた場合、難しいイメージや失敗して大きな借金を背負ってしまうというような怖いイメージがありますが、実際にはそれほど難しいこともなく、リスクも大きくありません。

正しい知識や情報を入手しにくい先物取引は、株取引などよりは敬遠されてしまうことが多いです。

先物取引とは、価格変動する商品を現在の価格で将来売買するやり方です。現物取引が取引の時点での価格を全額支払うのに対して、先物取引は未来の取引を約束する証拠となる費用が必要です。

あまり周囲に取り組んでいる人がいないなどの理由から、先物取引は避けられることも多いですが、実際には多くの利用者が投資の一つとして取り組んでいるようです。

先物取引の歴史を紐解いてみよう

古書

では先物取引はどのようにして始まったのでしょう。先物取引の歴史は古くからあり、大阪で始まったとされています。

世界の先駆け的な存在であった公設の商品先物取引市場では、米が取り扱いされて、現在の大阪が大坂という地名だった1620年ころには、堂島というところに米市場ができたことが始まりです。

先物取引の歴史は古くからあり、その後米市場が現在の大阪である大坂だけでなく近畿地方全体に広がり、日本全国に広まったのが先物取引の始まりです。

米が日本経済を大きく支えていた当時では、日本に欠かせない流通市場となっていきました。米は古くから日本人の主食であったことも理解できる内容で、先物取引の歴史には奥深さがあります。

歴史を紐解いてわかる、既に現在の先物取引の原形が完成?

先物取引は現在から400年近く前からすでに始まっていたことが良く理解できましたが、港が多く米を運びやすい近畿地方から発展した点なども、先物取引以外の様々なものと共通する内容です。

そして当時既に先物取引の原形ができていたとされていて、証拠金制度は導入されていたことが分かっています。

そのほかにも現物取引や、つめかえし取引など、現在の先物取引に関する形がほとんど完成されていて、日本経済を大きく支える存在となっていました。

先物取引の歴史は長くから続いていますので、その発展が今の日本経済の基盤を構築したと言っても過言ではありません。

歴史を紐解きますと、その発祥地での詳しいできごとだけでなく、どのような流れで全国に発展したのかが見えてきます。

先物取引の仕組みを知ろう

歴史が深く、古くから日本に存在していた先物取引ですが、投資の初心者や特別な知識がない人間が上手く進めることは可能なのでしょうか。

世の中の動向や経済状況の先を見据える力が求められる先物取引ですが、とにかく仕組みを知らなければ始めるか否かの判断が難しいでしょう。

今まで関心があってもスタートできなかった方は、この機会に先物取引の歴史だけでなく、詳しい仕組みについて学ぶことをおすすめします。

普段の生活では現物取引が主流であることから、先物取引のイメージが浮かばない方も多いでしょう。

買う時期と買い取る価格を約束して、後で会計をしてその後商品を受け取るのが先物取引です。

先物取引で取引できるものは?

では先物取引できるものには、どのようなものがあるのでしょうか。

先物取引は二つに分類されていて、商品先物と金融先物があります。

文字の通りなのでイメージがしやすいかもしれませんが、商品取引は金や貴金属などの形がある商品を取り引きします。

もう一方の金融先物の場合は、商品先物のように形がない金利などの金融に関する指数などについて取引します。

つまり未来を見据える力や、今後伸びそうな分野などを見極めることが必要な先物取引を行う人は、今現在ではなく常に前を見て将来を判断できるような人に適しています。

またそのような力を育てたい人にも合っていますので、金融や金をはじめ、プラチナなどの相場に詳しい方や興味がある方が先物取引を行いますと、一層充実した時間が過ごせます。

また金融先物の場合には、金融市場の動向に詳しい方や関心が高い方がおすすめで、こちらも先を見据えた投資となります。

知っておいて損がない!先物取引のリスク

実際に先物取引をする場合、しっかり儲けられるようなうまい話には必ず裏があると考えるのが基本で、しっかりとした判断ができないと、想像以上に損をする場合も十分あります。

先物取引の歴史を紐解いた場合でも、無理をして儲けようとリスクが高いことをした結果、儲けるどころか大きな損をした人物が歴史上にも沢山います。

大きく儲けられる先物取引の良い面だけでなく、その分大きく損をする可能性がある投資であると理解してから投資をしましょう。

価格の変動によって儲けるタイミングと損失を生んでしまうタイミングにわかれるのは投資の大きなリスクではありますが、同時にそのスリルを楽しんでいる方も沢山います。

しかし損をする可能性があることを知っているだけでも安心で、その心構えがあることで無理をすることは少なくなるでしょう。

先物取引を始めてみる

先物取引は現物の株取引などとは違い、どのように始めるのかを知る機会がありません。

それほどメジャーでもない投資の一つである先物取引は、周囲とは違う形で自分の資産を増やしたい方や経済状況を見極めた投資をしたい方におすすめです。

最近では株取引などと同じで、インターネットで簡単に口座の開設などの準備ができるので便利です。

取引会社には様々なものがありますが、初心者の方は良く知られている日経225や楽天証券などがおすすめです。

しかし安易に取引先を決めるのではなく、サービス体制などの違いを良く確認して、自分が受けたいサービスが受けられるか否かをしっかり見極めましょう。

特に初心者の場合には、様々な疑問やトラブルに遭遇する可能性が高いので、ネットでの対応だけでなく電話での問い合わせ窓口が開設されている取引会社を選ぶのも一つの方法です。

焦らず先物取引を始めてみよう

スタートアップ

初めから資産の大部分を投資して一攫千金を狙うようなやり方ではなく、少額ずつ先物取引での売買を行って、少しでも利益が上げられるようにしましょう。

最初から頑張り過ぎてしまいますと、せっかく開設した口座を無駄にしてしまうかもしれません。

初めは大きく儲けようとせずに、先物取引の仕組みやルールを勉強しながら経験を重ねましょう。

その時には、時には損をしてしまうことがあるかもしれませんが、その損失を穴埋めするために大金を投資して更に損失を増やすようなやり方は避けましょう。

株取引などの経験がある方は、その体験やノウハウを生かして先物取引に活用することもできます。

儲けに目をくらませるのではなく、世界情勢や日本経済の動きにも敏感になりながら、先物取引をしましょう。

無理のない範囲で先物取引を楽しもう

どのような投資でも同じですが、株取引やFXなどをする方よりも先物取引をする方は、特に無理をせず行うのが理想です。

生活費の大半を投資して普段の暮らしが困窮してしまうのでは本末転倒で、自分で投資に使える費用を決めて進めるのが良いでしょう。

初めてでもできる先物取引ですが、上手くいかなくなったからといってすぐに諦めてしまうのではなく、自分自身で勉強を重ねて知識を増やすことも大切です。

その過程で見えてくるものも多いので、更に先物取引が楽しくなります。

また取引会社の便利なサービスを使いますと、初めての方だけでなく、誰もが活用できるサポートサービスがありますので気軽に相談できます。

初歩的なことを聞いても安心で、大きなミスや失敗をしてしまう前に確認したいことを聞くのが良いでしょう。

先物取引初心者講座 限界を感じたら 仙人 富田

フジトミ(公式HPへ)

フジトミ

初めての先物取引ならココ

業者の特徴は千差万別。
初心者向け業取引会社と言ったら、
フジトミじゃろう。

初心者に扱いやすい商品も揃い、
無料セミナーは毎週3日開催。

まだ取引が不安な人向けのサポ
ート体制が充実しておるぞ