先物取引が日本一よくわかるサイト

先物取引が日本一よくわかるサイト

仙人

今さら聞けない先物取引の「ロング」と「ショート」とは?

先物取引の基本用語「ロング」「ショート」とは

信用取引や先物取引といった投資取引では、専門用語やスラングが使われることが多くなっています。意味を理解しておかないと内容が把握できないこともあります。ここではよく目にする専門用語として「ロング」「ショート」について解説します。

ロング

ロング(Long)とは「買い」の状態のことを指す投資用語です。ただし、単に株などを買うことをロングとは言いません。信用取引や先物取引、オプション取引といった担保をもとにする取引において、新規に株や先物を買う場合に「ロングする」と使うことが多くなっています。

ロングは新しく買いポジション(買い建て玉)を持つ。という意味で使われます。「ポジション」とは、建て玉を持つという意味の言葉で、自分が保有している、または投資している立場を表します。たとえば「ロングポジション」という場合は、「買い建て玉を持つ」という意味になります。

ちなみに、買い建てている商品を売るときには「決済」「精算」などというように言葉を用いる。

「ロング≒長い≒強気≒買い」と発想すると覚えやすくなっています。

ショート

ショート(Short)とは、「売り」という意味を指す投資用語です。使い方としては、「○○をショートする」=「○○を売る」というようになります。また、「ポジション」という言葉と組み合わせて使うことも多くなっています。ちなみに「ショートポジション」とは「空売り」を表します。

信用取引、先物取引やオプション取引などにおいて、「空売り」が可能な商品を「売り」といった場合に、保有する玉を売るという意味なのか、それとも空売りをしたのかが分かりにくくなってしまいます。

そのため、新規の空売りをするときには「ショートする」といい、保有する玉を売るつまり、売り建てている商品を決済するときには「精算」「決済」「買い戻し」といった言葉を用いるのが一般的です。

「Short=短い=弱気=売り」というように理解しておくと覚えやすいです。

ロング・ショート戦略とは

ロングショート戦略とは、「買い」と「売り」を組み合わせる戦略のことを指します。具体的には割安な資産を買い、割高な資産を売るという単純な投資戦略です。

例えば、本来の価格が100円のAとBという二つの商品があります。Aが80円、Bが120円で取引されていた場合、Aを買い、Bを売る(空売り)ことで、ABの価格が本来の100円に戻った時点で決済をすることにより、100-80=20円と120-100=20円の合計40円が利益になるということです。

なぜロングとショートと呼ばれるのか

信用取引や先物取引などでは、ゆっくりと時間をかけて価格が上昇する傾向があります。逆に、下降するときは短時間で一気に下落する傾向があります。理由としては、通常、買いのポジションを持っている人が売りのポジションをもっている人より多いためです。

売りのポジションで利益を得ようと考えた場合、短時間で一気に価格が下がるタイミングを捉えなければなりません。そうなった場合、必然的に売りのポジションを保有する期間が短くなってしまいます。逆に、買いのポジションは保有する期間が長くなる傾向があります。

つまり、長期間保有することが多い買いポジションを、「長い」を意味する言葉を用いてロング、短期間で売買を完了させることが多い売りポジションを、「短い」を意味する言葉を用いてショートと呼ぶようになったといわれています。

先物取引初心者講座 限界を感じたら 仙人 富田

フジトミ(公式HPへ)

フジトミ

初めての先物取引ならココ

業者の特徴は千差万別。
初心者向け業取引会社と言ったら、
フジトミじゃろう。

初心者に扱いやすい商品も揃い、
無料セミナーは毎週3日開催。

まだ取引が不安な人向けのサポ
ート体制が充実しておるぞ