おすすめ先物取引会社3選

日産証券

法人やプロ向けの先物取引会社なら

フジトミ

初心者向け、無料サポート充実の会社ではじめるなら

豊商事

顔を合わせた対面営業で相談しながらはじめるなら

先物取引が日本一よくわかるサイト

先物取引が日本一よくわかるサイト

仙人

先物取引の失敗体験談

先物取引の失敗談を3つご紹介します。先物は「成功を目指すよりも、失敗を避けるほうが大事」と言う専門家もいるほど。貴重な体験談から学び、失敗の確率を下げていきましょう。

先物取引の失敗体験談

1ヶ月半かけて稼いだ利益の1/4が2日で消滅

もともとは株トレーダーだったのですが、2015年のチャイナショックで大損をして以来、株に見切りをつけました。そこで目を付けた投資先が225先物ミニ。自己資金の22倍でレバレッジをかけられるというハイリスク・ハイリターン型でしたが、株を再開する気にはなれませんでした。

これが私の失敗の始まりです。やめておけば良かったです…

2016年3月、150万円を元手に、225先物ミニをスタート。ポジションはショート中心です。ちなみにショートとは空売りのこと。相場が下がれば下がるほど儲かる、という仕組みです。

スタート直後は、初心者にしてはまあまあの稼ぎだったと思います。初月の利益は15万円程度でした。

4月に入り、相場は下落トレンドに入りました。いや、私にはそう見えた、というだけです。

ショートポジションでデイをやっていた私ですが、この下落トレンドで大きな利ザヤを稼ごうと、ポジションを持ち越しの半スイング的なスタンスに変更。このスタンス変更が功を奏し、2週間ほどで25万円のプラスとなりました。

225ミニを初めて1ヶ月半で合計40万円の利益。このままの調子で行けると思っていた矢先、突如として日経の暴騰が開始。上がるたびにショートで買い増しましたが、結果は撃沈。わずか2日で30万円以上の損切り確定です。1ヶ月半かけて稼いだ40万円が2日で1/4ということです。

225先物、怖いですね…

100万円の損失のうち60万円が業者の手数料でした

かつて原油トレーダーでした。当時は今とは違ってネット系の業者がなく、すべての先物会社で電話対面方式の取引。営業マンのコンプライアンスも徹底されていなかった時代なので、「私たちの善意の判断で買い増ししておきました」などの電話は普通でした。

ちなみに、これは一任勘定取引と言って法令で禁止されています。

そんなこんなで原油取引を続けていた私ですが、利益への欲も強く、また営業マンの勧誘も断れませんでした。

今とは違い、当時の手数料は高額です。勧誘で買った際の手数料はもちろんのこと、営業マンの一任勘定で買った手数料も含め、すべて手数料は自己負担でした。

その業者とは半年ほど取引をしましたが、一向に儲かる気配がないので、買い玉も売り玉も、ぜんぶ決済して先物から身を引くことを決心。勧誘してきた営業マンに対し、逆にすべて成り行きで決済するようお願いしました。

この半年間の損益は、トータルでマイナス100万円。それはそれで仕方ないと思うのですが、納得できないのが、この100万円の損失のうち60万円が先物会社の手数料だったということ。収入の少ない社会人1年生にとっては、高い勉強代でしたね。

当時に比べて、今は手数料がだいぶ安くなりましたが、それでも業者間で大きな開きがあります。業者が信頼できるかどうかを第一の基準にして、次に手数料の安さを基準にするというスタンスは、今でも大事だと思います。

4ヶ月で100万円失って225先物ミニから撤退

もともと株式や投資信託で地味に投資を行っていた私。「もっと効率良く儲けられる方法がないかな?」と思って興味を持ったのが、日経225先物ミニでした。

買いからも売りからも入れるし、わずかな値上がり、値下がりでも利益が出る225先物ミニ。「これ、スキャルピングの要領で運用すれば簡単に儲かりそうじゃん!」と思ってしまったのが間違いの始まりでした。

さっそく口座に入金をして取引をスタート。最初は用心して、長くても2~3時間以内に決済する、という方法を繰り返していました。数万円の利益が出ることもあれば、数万円の損失が出ることもありました。

以後、先物取引に夢中になり、寝ても覚めても頭の中は先物のことばかり。徐々に保有期間が長くなり、損失が出ている時には「もう少し待てば戻るのでは?」などと考え、翌日まで持ち越すこともありました。

結果としては、順調に数万円の損失を重ねているような格好。そんな折、友人たちと鍋パーティーをやり、酔いの勢いで、つい決済するのを忘れてしまいました。

鍋パーティーが終わって帰路につき、日付が変わろうとしている時に先物をチェック。すると、すでに30万円の損失となり自動ロスカットされていました。

日系225先物ミニを始めて4ヵ月で、最終的な損益はマイナス100万円。市場から撤退しようと決意した瞬間でした。

先物取引初心者講座 限界を感じたら 仙人 富田

フジトミ(公式HPへ)

フジトミ

初めての先物取引ならココ

業者の特徴は千差万別。
初心者向け業取引会社と言ったら、
フジトミじゃろう。

初心者に扱いやすい商品も揃い、
無料セミナーは毎週3日開催。

まだ取引が不安な人向けのサポ
ート体制が充実しておるぞ