先物取引が日本一よくわかるサイト

先物取引が日本一よくわかるサイト

仙人

資産運用

先物取引はハイリスク・ハイリターンで、1部のプロの投資家たちや富裕層のためのものと考えられていました。しかし最近ではネットで先物取引ができるようになり、先物取引とは縁のなかった方々も資産運用の一環として先物取引を始めるケースが増えてきています。そこでここでは資産運用の中で先物取引をどのように活用すればいいのかについて解説しています。

先物取引は最もハイリスク・ハイリターンな金融商品です。

金融商品はリスクとリターンで見た場合「ローリスク・ローリターン型」「ミドルリスク・リドルリターン型」「ハイリスク・ハイリターン型」の3つのパターンに分けられますが、先物取引は最もハイリスク・ハイリターンな金融商品になります。資産運用をする際は3つのパターンを基に、ご自身の目的に合わせてポートフォリオ(資産の組み合わせ)を作成することをおすすめします。

ローリスク・ローリターン型

お金

銀行預金

最も安全な資産運用は銀行預金といわれています。しかし2017年11月現在の普通預金の金利は0.001%、定期預金の金利もネット銀行上位の1年もので0.1%程度、大手銀行だと定期預金金利も0.001%なので銀行預金ではお金は全く増えない状態が続いています。しかも物価が上がれば銀行預金は逆に預けておくだけでお金の価値を減らしてしまうことになり、実質的に資産を減らしてしまいます。

国内債券

国内債券も安全な投資先で、資産運用のポートフォリオを作成する際にはリスクを抑えるために必ずある程度の割合を占めます。最近はマイナス金利により国内債券に対しては厳しい目が向けられていますが、1万円単位で購入でき、銀行預金よりは高い金利が望めるので、安全な投資先とはいえます。

ミドルリスク・ミドルリターン型

海外債券

海外債券には先進国や後進国などさまざまな国の債券があり、後進国の債券はどちらかといえばハイリスクになります。しかし先進国の債券は信用リスクも低く、日本よりも金利が高いのでポートフォリオの中で重要な位置を占めることが多いです。

投資信託

投資信託は、投資家から集めたお金を運用の専門家が株式や債券、不動産などに投資する運用商品です。投資信託は商品によってリスクとリターンはさまざまですが、基本的に分散投資がなされ中長期投資に適したものが多いのが特徴です。プロが運用し1万円以下から始められるので、手軽な資産運用として最も人気のある金融商品です。最近では日経平均株価や東証株価指数(TOPIX)等の動きに連動するETFも人気です。

ハイリスク・ハイリターン型

株式投資

株式投資は資産運用の商品としては最もなじみのあるものといえます。ミニ株など手軽に購入できる商品も出てきてはいますが、基本的に単元ごとに購入しますので、ある程度まとまった資金がないと株式投資を始めることはできません。株式投資は購入した銘柄が大きく値を下げたり、場合によっては倒産することもあるので、常に企業やマーケットの研究が必要になります。

先物取引

商品先物取引は各取引所において、各商品を将来の値段で売り買いし、利益を求める取引のことです。金や原油、穀物などのコモディティー(商品)を扱う商品先物取引と金利先物取引、株価指数先物取引、国債先物取引などの金融関連の商品を扱う金融先物取引があります。先物取引の大きな特徴はレバレッジを大きく効かせることができ、少ない証拠金で大きな金額の取引ができることです。そのため株式取引以上に大きな利益を上げられる一方で、大きな値下がりリスクを持っています。

資産運用としての先物取引

先物取引は短期的に効率よく利益を求める投資スタイルになります。なので先物取引をいれたポートフォリオを作成する際は国内外の債券や投資信託、株式などとのバランスが重要になります。

分散投資の1つとして活用

先物取引は金融商品の中で最もハイリスク・ハイリターンな金融商品になります。大きな損失を被ることがありますから、無理の無い範囲で行うことが肝要です。ポートフォリオのバランスは年齢や目的によってさまざまですが、先物取引は最も小さな割合でリスクを最小限にするようにしてください。また先物取引の商品を選ぶ際も金なら金と一つの商品に集中するのではなく、さまざまな商品に分散投資をすることでリスクを最小限にすることができます。

余裕資金の一部を活用

余裕資金とは今すぐ使う必要のないお金のことを言い、生活費全般から必要な経費を差し引いたお金になります。資産運用は余裕資金で行うのが基本ですので、先物取引も余裕資金のごく1部から行うようにしてください。決して生活費や老後資金、子供の教育費などに手を出さないよう、無理の無い計画的な資金計画をしたうえで先物取引を行うことが重要です。

勇気をもって損切りを

投資信託などの中長期投資に適した商品は、相場の動向に敏感になりすぎると長期的に損をすることがありますが、先物取引や株式取引などの場合は早めに損失を確定させる「損切り」がとても重要になります。損失を最小限に食い止めることができれば、他の資産に手を出す必要もなく、新たに先物投資にチャレンジすることができます。

グラフ

まとめ

資産運用の一環として先物取引を始める際は、ご自身に合ったポートフォリオを作成し他の金融商品と分散投資を行うことが肝心です。ポートフォリオを作成すれば、無理なく先物取引に使える資産の額も明確になります。また勇気をもって損切りを行い損失を最小限にすることにも留意してください。

先物取引初心者講座 限界を感じたら 仙人 富田

フジトミ(公式HPへ)

フジトミ

初めての先物取引ならココ

業者の特徴は千差万別。
初心者向け業取引会社と言ったら、
フジトミじゃろう。

初心者に扱いやすい商品も揃い、
無料セミナーは毎週3日開催。

まだ取引が不安な人向けのサポ
ート体制が充実しておるぞ