先物取引が日本一よくわかるサイト

先物取引が日本一よくわかるサイト

仙人

価格の安定

ここでは先物取引の役割のうち、価格の安定について解説します。取引に直接関わりがなくても、私たちは先物取引の影響を受けています。そのしくみをご紹介しましょう。

価格の安定化

先物取引には、価格を安定させるという役割がありますが、その理由は市場の環境にあります。

先物市場では、多くの取引者が未来の商品価格を予想し、売り買いの取引を行っています。銀行や証券・保険会社などの機関投資家、個人投資家など、実に多くの監視の目にさらされているため、そこで作られる価格は、公正で安定的なものになるといわれています。

一方、利害関係のある特定の主体、または限られたいくつかの主体だけで商品の価格が決められてしまうと、時として不公正で、不安定な価格になる場合があります。このことから、「価格の安定」が先物取引の役割として挙げられているのです。

先物取引によって、ある程度価格が一定に保たれている商品は少なくありません。代表的なのはガソリン、大豆、トウモロコシ。ガソリンの価格変動はよくメディアでも目にしますが、一気に1000円単位で上がることはありません。これも先物取引による影響です。

近年の先物取引は、投機(ギャンブルや博打)目的がほとんどだといわれます。しかし本来は、市場の価格を安定させることが目的なのです。

商品先物取引の特性例

(ガソリン)
原油を蒸留することで、その2割がガソリンになるといわれています。もちろん、原油の産地や品質によって差異はありますが、1つの商品から複数の商品ができることに変わりはありません。

高い品質基準が設けられており、私たちに身近な自動車燃料用のガソリンは、「環境」「安全」「性能」の部分で、高い品質が求められています。

価格変動の大きな要因は、原材料である原油価格の動きです。さらに、輸入品であることから、為替市場の影響も受けることになります。

(大豆)
豆腐、味噌、納豆など、日本人の食生活に欠かせない農産物です。近年では、遺伝子組み換えも行われており、その影響が懸念されています。

価格が変わる大きな要因は、気候です。一般的に、寒波のときには、家畜の飼料用作物の需要が増えるといわれています。また、病虫害の発生で、品質懸念や輸出規制がかかることもあります。

先物取引初心者講座 限界を感じたら 仙人 富田

フジトミ(公式HPへ)

フジトミ

初めての先物取引ならココ

業者の特徴は千差万別。
初心者向け業取引会社と言ったら、
フジトミじゃろう。

初心者に扱いやすい商品も揃い、
無料セミナーは毎週3日開催。

まだ取引が不安な人向けのサポ
ート体制が充実しておるぞ