先物取引が日本一よくわかるサイト

先物取引が日本一よくわかるサイト

仙人

これだけは知っておきたい先物取引の基礎用語

証拠金、差金決済、限月…商品先物取引をはじめるなら、絶対に知っておくべき基礎用語を集めてわかりやすく説明しています。

先物取引をするならマストな基礎用語集

先物取引は、株式取引よりも一般的には馴染みが浅いといわれています。使われている用語も独特で、始めたての人には「?」がたくさんあるのではないでしょうか。

ですが、用語さえわかってしまえば中身はとてもシンプルなのです。この用語集をチェックしておけば、基本的な専門用語はバッチリ!わからないことがあったら、いつでもこのページをチェックしてみてくださいね。

証拠金

先物取引は、将来に商品を売買するという約束を取引するもの。といっても、口約束で契約するわけにはいきませんから担保として納めるのが証拠金です。

証拠金のなかでも、取引本証拠金と取引追証拠金は絶対知っておきたいワードなのでチェックしておきましょう。

⇒証拠金

追証金

活用次第によって、利益にも損失にも成りうる追加証拠金。取引の担保となる証拠金が少なくなった際に請求されるこの追証金について、具体例を交えて特徴や注意点をまとめました。追証の請求が来た際の2つの選択肢とは?

⇒追証金

差金決済

商品のやりとりをせず、決済で生じた差額だけをやりとりする差金決済が先物取引の特徴。その仕組みを紹介します。

⇒差金決済

限月(げんげつ)

商品を将来売買するという約束の期限が限月(げんげつ)。先物取引では、限月をチェックすることも成功のカギになります。

⇒限月(げんげつ)

板寄せ・ザラバ

先物取引は、板寄せ(いたよせ)といわれる独特のセリで商品価格が決まります。最近はザラバと言われる形式に移行する銘柄も増えています。両者の違いをまとめました。

⇒板寄せ・ザラバ

建玉

決済をしていない状態となる建玉の基礎知識をご紹介します。先物取引においては、その商品の人気を計るための指標となるため、是非参考にしてください。また、建玉の決済方法「転売・買戻し」や、期日に自動で一斉決済が行われる「SQ決済」までを解説します。

⇒建玉

空売り

「空売り」とは、現物がなくても対象物を売ることができる先物取引のこと。投機目的で取引を行う方からは、ギャンブル扱いされることも多い「空売り」の本来の役割とは?具体例と、その本来の意味を探ります。

⇒空売り

サーキットブレーカーとは

先物取引の市場において、価格が大きな変動を見せた際に対応されるサーキットブレーカー。値幅制限や取引中段による相場の保険のようなものになります。過去において、どういった状況下でサーキットブレイカーが発動されたのかを見てみましょう。

⇒サーキットブレーカーとは

先物取引で失敗しないために初心者が必ずチェックすべきポイント

先物取引初心者講座 限界を感じたら 仙人 富田

フジトミ(公式HPへ)

フジトミ

初めての先物取引ならココ

業者の特徴は千差万別。
初心者向け業取引会社と言ったら、
フジトミじゃろう。

初心者に扱いやすい商品も揃い、
無料セミナーは毎週3日開催。

まだ取引が不安な人向けのサポ
ート体制が充実しておるぞ