先物取引が日本一よくわかるサイト

先物取引が日本一よくわかるサイト

仙人

サーキットブレーカーとは

想定外の価格変動が起きたときに、値幅制限(ねはばせいげん)や取引中断という形で対応するのがサーキットブレーカーです。万が一の場合の相場の保険で、取引者を安心させるために導入されています。

サーキットブレーカーの基礎知識

先物取引市場で、価格がある一定以上の大きな変動を起こした場合に、サーキットブレーカーは発動されます。相場を安定させるために値幅制限や取引中断が行われます。東京証券取引所と大阪証券取引所では1994年から、東京工業品取引所では2009年から導入が始まっています。

値幅制限は、価格の異常な変動を防ぐために、1日に変動する価格の範囲に制限を与えるものです。上限ギリギリまで上昇することをストップ高、下限をストップ安といいます。

取引中断とは、その名のとおり、先物取引自体が中断されることです。また、サーキットブレーカーのひとつに、サイドカーというものもあります。これは、取引を完全に中断するのではなく、一部の取引に制限を加えることを指します。

先物取引の場合、サーキットブレーカーは毎月設定されており、発動すると商品や取引所によっても異なりますが、およそ5~15分間中断されます。

【おもな発動事例】世界的危機による価格変動に対応

日経225先物取引におけるサーキットブレーカーの発動は、これまで4回あります。いずれも未曾有の事態ばかりです。このような時に、取引者の不安を鎮めるためにサーキットブレーカーは重要なのです。

【2001年9月】アメリカ同時多発テロ
アメリカ同時多発テロ事件当日。アメリカ国内の取引市場がすべて中止になった影響を受け、株価が大きく値下がりする。

【2008年9月】リーマン・ショック
リーマン・ブラザーズの経営破綻を受けて、アメリカの金融システムの不安が大きくなり、リーマン・ショック勃発。先物を中心に大きく買われる動きになる。

【2011年3月】東日本大震災
東日本大震災の影響を受け、売り優勢になり、取引を中断する。
翌日、福島第一原発事故について、菅首相から国民へのメッセージが送られたが、さらに売り優勢となり、初めて2回取引を中断する。

【2013年5月】アベノミクス・株価暴落
アベノミクスが打ち出した金融緩和政策により、急激に円安・株高が進んだものの、その後、2週間で3000円近くも株価が大暴落。2ヶ月分の上昇を一気に打ち消した。

先物取引で失敗しないために初心者が必ずチェックすべきポイント

先物取引初心者講座 限界を感じたら 仙人 富田

フジトミ(公式HPへ)

フジトミ

初めての先物取引ならココ

業者の特徴は千差万別。
初心者向け業取引会社と言ったら、
フジトミじゃろう。

初心者に扱いやすい商品も揃い、
無料セミナーは毎週3日開催。

まだ取引が不安な人向けのサポ
ート体制が充実しておるぞ