先物取引が日本一よくわかるサイト

先物取引が日本一よくわかるサイト

仙人

証拠金

先物取引をするなら知っておきたい用語である証拠金を調べました。取引証拠金と証拠金不足についても、例を出してわかりやすく説明しています。

知っておきたい用語・証拠金取引とは

先物取引の最大の特徴のひとつである証拠金取引。先物取引をわかりにくくするものではありますが、大きなメリットでもあります。

証拠金(取引証拠金)とは

株取引などでは、取引する商品の代金が100%必要になります。たとえば、100万円の株式を買って値上がりを期待するなら、まずは100万円を支払って株を買う必要があります。

一方、先物取引は「将来その商品を買う/売る」という約束の取引です。約束の証拠として預けるのが証拠金で、決済後に返却されるものです。

この証拠金は、取引する商品の価格の5~20%ほど。ということは、用意した投資金額の5~20倍の価格の取引ができるということです。先物取引が効率の良い投資だとされるのはこれが理由です。

このような取引を証拠金取引と呼び、新規に取引をはじめる際に預けるものを「取引証拠金」と呼びます。

証拠金不足

ややわかりづらいのが証拠金不足。預けているお金が取引証拠金を下回ってしまった時に発生します。

証拠金は取引をする約束の担保として用意されているもの。でも損失が出たことで預けている金額が取引証拠金を下回ってしまうと、担保としては不十分になってしまいます。その不足している金額が証拠金不足です。

証拠金不足が発生する例

たとえば、金1枚(1000g)を証拠金140,000円で買ったとします。預けている金額が140,000を下回ると証拠金不足が発生します。

金1枚(1000g)の売買に必要な140,000円だけ預けて取り引きを行った場合、1gあたり1円でも値段が下がると取引証拠金を下回ってしまうので証拠金不足となります。

この場合、1,000円の不足が発生しているので、証拠金不足は1,000円です。

証拠金不足を発生させないためには、ある程度余裕をもった入金が必要です。

証拠金不足が発生した時の選択肢

2つの選択肢があります。

ひとつは証拠金不足を入金して取引を続ける。もうひとつは、不足を預けず損益を確定する場合。上の例で言えば、1,000円の損で決済するということです。

つまり、証拠金不足が発生した時点で取引を続けるべきかどうか判断することになります。証拠金不足が発生しなければ、ずるずると取引を続けて莫大な損失が出てしまう可能性があります。

証拠金不足は、投資者を巨額の損失から守るためにある制度なのです。

先物取引で失敗しないために初心者が必ずチェックすべきポイント

先物取引初心者講座 限界を感じたら 仙人 富田

フジトミ(公式HPへ)

フジトミ

初めての先物取引ならココ

業者の特徴は千差万別。
初心者向け業取引会社と言ったら、
フジトミじゃろう。

初心者に扱いやすい商品も揃い、
無料セミナーは毎週3日開催。

まだ取引が不安な人向けのサポ
ート体制が充実しておるぞ