先物取引が日本一よくわかるサイト

先物取引が日本一よくわかるサイト

仙人

先物取引におけるスペキュレーション取引とは

スペキュレーション取引とは、投機的な取引の一種です。そもそもスペキュレーションの語源が「投機」という意味で、

短期的な利ザヤを得ることを目標としています。

普段から先物取引にあまりなじみがない方は、投機的な取引はリスクが高く危険な取引というイメージを持ってしまうかもしれません。

しかし、必ずしもリスクが高いというものではなく、メリットもあります。

今回は、スペキュレーション取引について取り上げたいと思います。

スペキュレーション取引とは

相場のイメージ

まずは相場の予想をします。今後相場が上昇する見込みがあると判断した場合、買いでポジションを取ります。

予想どおり相場が上昇すると売りで決済します。

比較的短い期間での相場の変動による差益を得ることを目指します。

うまくいけばかなりの利益を得ることができますが、失敗すると大きな損失を被ります。

また、スペキュレーション取引をメインとしているトレーダーは「スペキュレーター」と呼ばれています。

スペキュレーション取引の方法とリスクヘッジ

スペキュレーション取引をする場合、重要なポイントはリスクの管理になりますが、

相場が予測に反して逆行した場合、すみやかに対応しなければなりません。

対処せず放置していれば多大な損害を被ることになるので、なるべく損失を小さくし、利益を大きく取ることが大切です。

取引手法そのものは、ヘッジ取引手法となんら変わりありません。

違いはそれぞれの取引における投資姿勢と言えます。

ヘッジ取引は損失を回避するため安全性を意識したものであるのに対し、スペキュレーション取引は利益を得るために、時にはリスクをもいとわないというものです。

自らの予測に基づいて、現時点の先物価格と予測される将来の先物価格との価格との差額から、利益をとるのがスペキュレーション取引です。

  • 先物価格が今後上昇すると予測すれば買い建てて転売して利益を得る。
  • 先物価格が今後下降すると予測して売り建てて買い戻して利益を得る。

このどちらかで、ひたすら利益を求めるのがスペキュレーション取引です。

投機と投資

スペキュレーションの語源は「投機」を意味します。

短期的な利ザヤ目的の「投機」は「投資」に比べるとあまり良いイメージは持たれていませんが、個人の責任の範囲内でリスクを取って取引をすることは、決してネガティブなことではありません。

投資と投機と過大投機による投機とを区別する点については、専門家、議員、学者によって大きく異なります。

いくつかの情報筋によると、推測での投資は単純にリスクの高い投資形態に過ぎないということです。

その他の者は、ヘッジとして特徴付けられていないポジションとして、より狭義に定義しています。

例えばアメリカの商品先物取引委員会は、投機筋を「ヘッジしないが、物価変動をうまく予測して利益を達成する目的で取引する業者」と定義しています。

当局は投機家が重要な市場機能を果たしていると強調していますが、過剰な投機は先物市場の適切な機能に有害であると定義しています。

しかし、いくつかの投機は必要不可欠であり、多くの普通株式の状況では実質的な利益と損失の可能性があり、そのリスクは誰かに引き継がれなければならないと言われています。

このように、多くの長期投資家は、何十年も取引している人でさえ、主として収益の原則や利益によって動機づけられている少数だけを除いて、投機家に分類される可能性があります。

金融派生商品が次々と生まれる中で、投機は取引の幅も広がり、もはや不可欠な要素です。

取引の幅が広がることで、プレーヤーも増し、市場が活性化しますので、ポジティブに捉えるべきでしょう。

長期的な売買として投資をするのも、短期的な利ザヤ狙いで投機をするのも、投資家の自由であり、どちらが悪いというものではありません。

どちらもメリットやデメリットが存在するので、それを踏まえた上で取引をするべきでしょう。

投機がもたらす経済的利益

投機的な動きは、時に非難を浴びますが、経済的利益をもたらすことも否定できません。

ニコラス・カルダーは、「需要と供給の条件の変化による価格変動」を「平均的な先見性よりも優れている」

とし、排除しようとする投機家の価格安定化の役割を長い間認識してきました。

不足と剰余の原因における投機家の役割は重要で、収穫が普通の割合で消費を満たすには小さすぎる時は、投機家が入り、買うことによってその不足から利益を得ることもできます。

投機家らの購入は価格を上昇させ、それによって消費量をチェックして、より小さな供給が長く続くようにします。

高価格によって奨励された生産者は、不足を減らすために成長または輸入することによって不足をさらに減らします。

反対に、投機筋が事実が正当だと考えるよりも価格が高い場合、彼らは売ります。 これにより価格が下がり、消費と輸出が促進され、剰余金の削減に役立ちます。

また、投機家が市場に提供するもう一つのサービスは、利益のために自らの資本を賭けることによって、市場に流動性を与え、他の人がヘッジや裁定取引に分類されるリスクを含むリスクを相殺することです。

そして、投機がもたらすものはそれだけではありません。

市場に流動性と効率をもたらすことは多くの人に恩恵を与えます。

豚の腹に例えられる市場に投機家がいなければ、生産者(豚の農家)と消費者(肉屋など)だけが参加することになります。

市場でのプレーヤーが減ると、現在の入札額と豚の腹がアスクする価格の差が大きくなります。

市場では、豚の腹を交換したいと考えていた新規参入者は、この非流動的な市場を受け入れることを余儀なくされ、ビッド・アスク・スプレッドが大きい市場価格で取引されたり、商品投機筋はスプレッドの差額に利益をもたらし、他の投機筋と競合してスプレッドを減少させる可能性があります。

いくつかの学校では、投機家が市場の流動性を高め、効率的な市場を促進すると主張しています。

この効率は投機家がなければ達成するのが難しいとされています。

経済にとって、投機は非常に有益な副産物になるというわけです。

まとめ

大量の札束

スペキュレーション取引は、リスクが高いというイメージがあるかもしれませんが、うまくいけば大きな利益を得ることも可能です。

大切なことはリスクをコントロールすることです。

予測と反して相場が逆行した場合、大きな損失を被る前に必要とあらばすみやかに対処しなければなりません。

また、ポジションの枚数を調整することでもリスクを減らすことができます。

ルールを守り、リスクのコントロールさえうまく行けば、トレードの幅も広がり、スペキュレーション取引は有用な選択肢となるでしょう。

先物取引初心者講座 限界を感じたら 仙人 富田

フジトミ(公式HPへ)

フジトミ

初めての先物取引ならココ

業者の特徴は千差万別。
初心者向け業取引会社と言ったら、
フジトミじゃろう。

初心者に扱いやすい商品も揃い、
無料セミナーは毎週3日開催。

まだ取引が不安な人向けのサポ
ート体制が充実しておるぞ