先物取引が日本一よくわかるサイト

先物取引が日本一よくわかるサイト

仙人

自主規制

先物取引初心者の方には、わからない用語がありますね。今回はよく耳にするけど、実のところあまり意味がわかっていない用語「自主規制」について説明します。

日経225で先物で取引していると大きく利益を上げる一方、損益を出した場合も金額が大きいというリスクがあります。自主規制があることによって、大きな資産損失のリスクを回避できるかもしれません。先物を安全に取引を行うためには、わからない用語はしっかりと理解して置くことが大切ですね。まだ先物取引はしたことないけど興味があるという方にもわかりやすく徹底解説します。

一般的にも使われる自主規制ってなに?

先物取引だけでなく、自主規制という言葉を耳にされることがあるのではないでしょうか。一般的に自主規制は文字のごとく、自主的に制限をかけることです。例えば会社の場合で考えてみましょう。他社からの意見を取り入れることなく自発的に生産や設備投資を行うこと。また、販売や輸出などの量も自主的に規制を掛けることです。会社の良心的な考えにゆだねられることになります。

単独の自主規制であれば良いのですが、もし、自主規制といいながら同業の会社同士が申し合わせて、生産などに規制を掛けてしまうとどうなるでしょう。これは自主規制でなく、独占を生むことになってしまいます。これでは、末端の消費者に少なからず不利益なことが及んでくるでしょう。

先物会社とその会社の営業マンたちの自主規制

先物取引には、投資家とこれから投資家になろうとする人たちがいて、先物会社とその会社の営業マンたちがいます。投資家たちをA、先物会社をBとして説明すると、BはAに対していつでも勧誘と取引開始後の対応が可能です。

これらの取引にBは自主規制のルールを設け、適正な勧誘を行っていいようになっています。BがAに対し日経225先物取引をやみくもに進めてしまえば、損失したときのリスクは莫大なものでしょう。そういったことを招かないためにも、適正な勧誘すなわち自主規制がもとめられるのです。

先物取引で自主規制を監視しているのが日商協

先物取引に関わる人や会社の自主規制が商品先物取引法令に則って行われているか、監視及び指導している「日本商品先物取引協会(日商協)」という機関があります。自主規制のルールを違反した者には、罰金や資格の停止などの制裁を課すこともできる機関です。

投資家の取引に関する相談や苦情も受け付け、取引に関する様々なトラブルを素早く解決しています。先物会社とその会社の営業マンたちの自主規制もしっかり監視されているので、投資家に人たちは、安心ができ先物取引に参加できるのです。

先物取引所の自主規制

先物取引所においても自主規制があります。詳しくは自主規制業務といい、取引所の品質管理業務のことを指しています。

もし、先物取引所に自主規制業務がなければ、どうなるのでしょう。取引参加者がルールを違反をし、悪意を持った投資者が不正な取引をするかもしれません。上場の基準を満たしていない会社が存在してしまうことや投資者が投資判断に使う会社開示の情報に嘘や開示漏れがあるような可能性だって出てきます。投資者は、先物取引所の自主規制業務によって守られているのです。

知っておこう先物取引所の機能

先物取引所は、法令に加え取引を成立させるための価格決定などの規則や仕組みも定めることができます。また、取引所に注文を出すことができる者や取引参加者資格を有する証券会社を限定することもできる機関です。

自主規制は投資者保護が目的

人気の日経225先物取引はわずかな金額を先物会社に預けて、大きな取引ができるのが魅力です。しかし、損失したときには、預けた金額以上のものとなり破たんを招くこともあります。特に、一部の人の悪意ある先物取引の売買操作で生み出されては、一個人でなく社会的にも問題になってしまいます。

先物取引において、日本商品先物取引協会と先物取引所は、取引参加者の保護が一番の目的。取引参加者が先物会社などが発信する情報に信頼性をもって、先物取引に参加できる環境を整えるために、自主規制を監視しているのです。

先物取引初心者講座 限界を感じたら 仙人 富田

フジトミ(公式HPへ)

フジトミ

初めての先物取引ならココ

業者の特徴は千差万別。
初心者向け業取引会社と言ったら、
フジトミじゃろう。

初心者に扱いやすい商品も揃い、
無料セミナーは毎週3日開催。

まだ取引が不安な人向けのサポ
ート体制が充実しておるぞ